☆HOSHINO 2019年6月27日号

これは暗号!? 福島瑞穂議員“過去の謎ツイート”が今になって蒸し返される

掲載日時 2019年05月23日 18時00分 [政治]

 河野太郎外務大臣が5月21日、自身のツイッターに《ああ、ベーコンは、結局、^%£$+*•!%…》と投稿したことが話題となっている。この謎過ぎるツイートは、「ベーコンとは国家機密か何かなのか?」「あぁ、河野さん壊れた…」などとネット上に憶測と笑いを呼んだ。さらにはフランス・ドイツ・フィリピンなどの通信社が続々とこれを記事にしたことで、世界中へ拡散される事態にまで発展している。

 しかしツイートをたどれば、河野外相は疲れていたわけでも、ましてや“壊れた”わけでもないことが分かる。19日の投稿には《朝の3時半に帰宅したら、愚息が全力でベーコンと叫んでいた。どうしたいんだ?》と、しっかり“前フリ”が。22日にはシレっと《えっ、ベーコンがどうしたって?》とも投稿するなど、一連は河野外相流のちゃめっ気だったようだ。

 「政治家は真面目で堅苦しいイメージを持たれがちですが、今回の件が話題となったことで、特に若い層から『見る目が変わった』『親しみを持った』という声も上がっているようです」(全国紙社会部記者)

 関連して、「ベーコン以上に難解な暗号だ」と引き合いに出されているのが、以下に載せる福島瑞穂参議院議員のツイートだ。2018年5月に投稿されたものだが、今回の件を受けて再び話題に持ち上がっている。

 《千葉県野田市で小倉良夫さんの応援です今起こり猿馬見れんだろ大会なの小倉の日のお風呂中日本中4代目の枕にメールお願い泊なっている心も離れてない練習ご紹介私の命の言葉としての勉強》

 福島議員のツイートは、誤字脱字があまりに多いことで一部ネット上ではかねて有名だが、これは極め付きの“笑える迷ツイート”として、もはや伝説扱いだ。当時は、本当は何を書きたかったのかと“暗号解読”に挑んだ人もいたが皆お手上げ。以下のようなコメントがネット上に連なった。

《何十回読み込んでもさっぱり分からない》
《予測変換をそのまま打ったってこんなふうになるか?》
《4代目の枕が気になって仕方ない》
《命の言葉としての勉強をする前に推敲した方がいいのでは》
《猿馬見れんだろ大会にぜひ参加したい》

 もっとも福島議員の方は河野外相とは異なり、このツイートで親しみを持たれることはなかったようだ。


政治新着記事

» もっと見る

これは暗号!? 福島瑞穂議員“過去の謎ツイート”が今になって蒸し返される

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP