広瀬アリス“エロス研究”余念なし! 妹の広瀬すずにライバル心剥き出し

芸能・2020/01/20 12:10 / 掲載号 2020年1月23日号
広瀬アリス“エロス研究”余念なし! 妹の広瀬すずにライバル心剥き出し

広瀬アリス

閉じる

「実の姉妹とはいえ、女優としては“ライバル”と思うのは至極当然のことです」(芸能プロ関係者)

 広瀬姉妹の“姉の方”のアリスは今、自分の名前をネットで検索する「エゴサーチ」にハマっているという。

「10分に1回のペースでしてしまうといいますから尋常ではありません。自分に対して悪意のある意見を見つけたときには、そばにある携帯電話を投げつけてしまうそうです」(芸能ライター)

 芸能人は“人気商売”。それゆえに世間の評判を気にするのは当然なのだが、一方で、こんな指摘も。

「妹・すずの存在が気になって仕方がないんです。エゴサーチをしていて、すずより高い評価をしている意見を見ると、思わずニンマリしてしまうなんていうウワサもあるほどです」(芸能リポーター)

 昨年、すずは絶好調だった。

「NHK朝の連続テレビ小説『なつぞら』でヒロインを演じるなど大活躍。暮れには、『VOCE(ヴォーチェ)』が選ぶ“2019年・最も美しい顔”にも決まりました。アリスがアセるのも無理はありません」(ワイドショー芸能デスク)
 もっとも、“エロス”においてはアリスの方が上との声は多い。

「バディにしたって、おっぱいやお尻は、アリスの方が断然、大きくて豊満。すずのCカップに対してアリスは“Eカップ”ですから。ヒップの張り具合もパンパン。衣装を突き破りそうな勢いがあります」(スタイリスト筋)

 その上、演技の研究にも余念がないようだ。

「濃厚な濡れ場シーンのある作品ばかりを取り寄せて、何度も何度も見続けているようです。中でも、松坂慶子の愛欲シーンにおける“アクメ顔”がお気に入りのようです」(映画ライター)

 また、アリスはSMプレイにも興味津々なのだとか。

「一昨年、ドラマで共演した高嶋政宏から、“SMの奥深さ”をじっくり教わったようです。高嶋は、自身のSM愛をつづった『変態紳士』を出版するなど、芸能界一のSM愛好家として知られています。SMクラブにアリスが顔を出したなどという未確認情報もあるくらいです。妹のすずは、モデル好きの“肉食系”として知られていますが、好奇心ではアリスにかないません」(前出の芸能ライター)

 今年は“不思議なエロスのアリス”になる!?

関連記事
関連タグ
芸能新着記事