RaMu 2018年12月27日号

オートレース ★新人王決定戦で急成長した選手は?

掲載日時 2018年11月17日 15時00分 [エンタメ] / 掲載号 2018年11月22日号

オートレース ★新人王決定戦で急成長した選手は?
画像はイメージです

 先日、飯塚で新人王決定戦が行われ、33期の新人王は川口の黒川京介となった。これは戦前の予想通りでもあり、これからも成長していくだろう。今後はハンデ条件が厳しくなるため、黒川を狙い続ければいいわけでもない。

 今回はその新人王で、黒川以外に急成長を遂げた選手を取り上げたい。筆頭は泉田修佑だ。新人王決定戦は常に黒川と同ハンで戦い、結果も出してきた。序盤で遅れをとる事が多かったが、道中の戦いぶりは黒川に決して引けを取るものではなかった。おそらく今後も、ハンデは据え置きになるだろうし、遠くはない時期にデビュー初Vがありそうな雰囲気だ。

 また、金田悠伽も力をつけている。以前は試走タイムが3秒4台中盤が多かったが、近況は3秒3台まで出せるようになってきた。新人王決定戦では道中、ひと滑りがあり後退したが、予選道中から動きは上々だった。こちらも泉田同様に近い時期にデビュー初Vがあっても不思議ではない。

 伊勢崎の高橋絵莉子も大健闘だった。優出もし、粘り強さが明らかに増していた。上がりタイムも3秒4台が出ており、残り少ない2級車レースで結果を出せそうな走りをしている。

 来年1月より1級車に昇格する33期。すでにその練習も始まっている。残り2カ月の2級車レースで大きく羽ばたく可能性もあり、その動向から目が離せない。

関連タグ:オートレース


エンタメ新着記事

» もっと見る

オートレース ★新人王決定戦で急成長した選手は?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP