片山萌美 2019年7月4日号

竹内結子vs常盤貴子 冬ドラマ女弁護士「熟乳エロス」対決①

掲載日時 2019年01月24日 21時30分 [芸能] / 掲載号 2019年1月31日号

竹内結子vs常盤貴子 冬ドラマ女弁護士「熟乳エロス」対決①
常盤貴子

 1月ドラマで話題なのが、竹内結子と常盤貴子が主演を務める弁護士ものだ。共に実績十分の女優で久しぶりの連ドラ主演となる。法律用語も飛び交うお堅いストーリーだが、お色気度は満点。股間も熱くさせる美魔女2人の完熟下半身の真相に肉薄した。

「お互い、今や連続ドラマのトレンドとなっている弁護士役。意識しないはずがありません」(テレビ局関係者)

 1月10日から始まった連ドラ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系・木曜午後10時〜)でヒロインを演じている竹内結子(38)。

「情報を操作する“スピン・ドクター”を題材にしたノンストップ・エンタテインメント。竹内が6年ぶりに連ドラに主演し、危機管理専門の弁護士を演じています。女性を救うためなら手段を選ばず、危機にある女性の心に寄り添い、救うために奔走するというストーリーです」(ドラマ制作スタッフ)

 共演は水川あさみ、中川大志、バカリズム、斉藤由貴、泉里香ら。

「前クールでは、米倉涼子が元エリート弁護士役で主演した『リーガルV』(テレビ朝日系)が大人気でしたし、鈴木保奈美も『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)で法律事務所の所長役を熱演し、大健闘しました」(ワイドショー芸能デスク)

 ネットの普及やコンプライアンス意識の高まりなどで、何かと身近に法的問題が発生するようになったのは確か。

「今、法律にかかわるドラマは全世代に関心が高いのです。少し前は、医療ものや刑事ものが数字(視聴率)を取れるジャンルと言われていましたが、現在は、女性弁護士ものの時代。弁護士という堅い職業とのギャップが出せる“美熟女”のキャスティングが肝要なのです」(ドラマプロデューサー)

 放送開始前に開かれたドラマ制作発表会見に出席した竹内は、
「6年ぶりと聞くと、あまり実感がわきませんね。この仕事を休んでいたわけじゃないので。そうかなって」
 と語り続けて、
「これが自分の平成最後の主演作だと思って、楽しんで終わりたい。ドラマを見て、楽しいひと時をすごしていただければ」
 と話した。

 また、2016年の大河ドラマ『真田丸』で親子役を演じた中川との再共演については、
「子供の成長は早い」
 としみじみ語った。

「プライベートでも1児の母親ではありますが、4月の誕生日が来ても、まだ39歳、老け込む齢ではありません。暮れのビールのCMなどを見ると、つくづく、イイ女になったなぁ〜と思いました。おっぱいとお尻が描く曲線を見て、フル勃起してしまいました」(芸能ライター・小松立志氏)
(明日に続く)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書


芸能新着記事

» もっと見る

竹内結子vs常盤貴子 冬ドラマ女弁護士「熟乳エロス」対決①

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP