和地つかさ 2018年9月27日号

貞淑美女タレントの性白書 菊池桃子 タクシー運転手を狂わせた伝説のアイドル五十路エロス(1)

掲載日時 2018年04月21日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2018年4月26日号

貞淑美女タレントの性白書 菊池桃子 タクシー運転手を狂わせた伝説のアイドル五十路エロス(1)

 「ストーカー行為は決して許されませんが、これはある意味、凄いことだと思います。もうすぐ五十路入りする彼女ですが、ファンの間では、ずっとアイドルであることが証明されたわけですから」(ワイドショー芸能担当デスク)

 女優の菊池桃子(1968年5月4日生・49歳)にストーカー行為をしたとして、警視庁池袋署はストーカー規制法違反の疑いで元タクシードライバーで無職の飯塚博光容疑者を現行犯逮捕した。
 「飯塚は56歳。タクシー運転手だった昨年秋、配車サービスでたまたま菊池を客として乗せ、それで自宅を知ってつきまとうようになったそうです」(芸能ライター・小松立志氏)

 当時、菊池はマスクで顔を隠し、会話も行き先を伝えただけだったが、飯塚容疑者は“声”で気づき、降車時のドアサービスで近付き、マスク越しに目をキッと見開いて顔を確認したというから怖すぎる。
 「飯塚はその後、何度か菊池の自宅近くに出没したり、インターホンを押すなどのストーカー行為を繰り返しました。菊池に危害を加えるつもりはなかったようで、単純に好意を寄せていただけのようでした。それでも、菊池の公式サイトには、執拗に交際を求めるメッセージを書き込んでいました」(同)
 それに気づいた菊池の所属事務所が池袋署に相談。飯塚容疑者は今年に入り、同署から“警告”を受けていたという。

 しかし、飯塚容疑者の“歪んだ思い”は募るばかり。3月31日、ツイッターで、
 「菊池さんに会いに行く」
 とつぶやき、夕方、自宅に向かった。
 「菊池の事務所から連絡を受けて警戒していた池袋署員が、自宅近くに姿を現した飯塚容疑者を取り押さえました。彼は“菊池さんに会いに行ったことは間違いない”と容疑を認めています」(スポーツ紙記者)

 逮捕を受け、菊池はブログで心境を、
 「家族全員、恐怖で眠れない日が続き、不安な毎日を抱えてきた数カ月でした」
 と表現。続けて、
 「お気遣いのお言葉も頂戴いたしておりますことに心より感謝申し上げます。(今後については)皆様に助けていただきながら、仕事についてはしっかり務めてまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます」
 と記した。
 「それにしても、彼女のこれまでの人生は山あり谷ありの“波乱万丈の人生”と言っていいと思います」(芸能レポーター)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 菊池桃子 タクシー運転手を狂わせた伝説のアイドル五十路エロス(1)

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP