水卜麻美アナ『24時間テレビ』を救う“密着Tシャツ”豊乳艶姿

芸能・2020/07/26 12:00 / 掲載号 2020年7月30日8月6日合併号
水卜麻美アナ『24時間テレビ』を救う“密着Tシャツ”豊乳艶姿

画像はイメージです

閉じる

 日本テレビの水卜麻美アナが、コロナ禍の中、強行放送する『24時間テレビ』のピンチを救うため、“密着Tシャツ”で総合司会を務める可能性が浮上している。

「コロナウイルスで放送が危ぶまれた『24時間テレビ』ですが、先ごろ『8月22、23日に放送決定』と発表されたのです。ただ、目玉のチャリティーマラソンは中止となり、メインパーソナリティーへの起用を狙っていた『嵐』の担ぎ出しには失敗。会場の両国国技館は無観客にするため盛り上がりにも欠け、視聴率惨敗の可能性が危惧されています」(日本テレビ関係者)

 コロナ禍による感染リスクがあるため、放送には反対意見も強く、日テレとしては何としても視聴率急落だけは避けたい。そこで“最終兵器”として白羽の矢が立ったのが、2014年から総合司会を務めている水卜アナの“生肉感ボディー”だ。

「一部スタッフが水卜アナに対し“胸を強調して、視聴者をくぎ付けにしてほしい”という趣旨の極秘お願いをしたとの情報が流れています。ノリのいい彼女は“サイズが小さめのTシャツを着ましょうか”とか“わざと胸を揺らすのもアリですよね”と、積極的に逆提案したとか。推定Fカップ巨乳がピチピチのTシャツで密着して揺れまくれば、数字が数%上がる破壊力がある。番組の“救世主”になるかもしれません」(同・関係者)

 水卜アナは昨年の同番組でも体を張って、いとうあさこらと女性4人の駅伝方式でチャリティーマラソンランナーを務め、大いに盛り上げた実績がある。

「過去6回も総合司会を務めただけに番組愛が強い。それだけに、今年も恒例の黄色いTシャツ越しに、わざとブラジャーのラインを透けさせたり、“ノーブラポッチ”を仕掛けたり、お尻に密着するパンツルックで“パンティー透け”を披露するなど、彼女ならではの視聴率アップ作戦を展開してくれるかもしれません」(テレビ雑誌ライター)

 もう1つの見どころとして、“女の生バトル”勃発の可能性もあるという。相手は田中みな実だ。

「水卜アナは15年ごろ、みな実は17年初めごろ、いずれも『関ジャニ∞』横山裕と極秘交際していたとされます。みな実は今年の『24時間テレビ』に出演する可能性が高いのですが、水卜との共演が実現すれば、同じ元カレを持つ女の“神経戦”が展開される放送事故が起きてもおかしくない」(同・ライター)

 愛は地球を救い、巨乳が日テレを救う!

関連記事
関連タグ
芸能新着記事