“暴れまくるバスト”杉浦友紀 Hカップ激揺れに「NHKやるな〜!」の声

芸能・2019/06/28 21:30 / 掲載号 2019年7月4日号

 「暴れまくるバスト!」という表現がピッタリだ。多くの男性視聴者にそう思わせたに違いないのは、6月12日に放送したNHK『英雄たちの選択』。鎌倉時代末期から南北朝時代に活躍した、楠木正成の知られざる素顔をクローズアップする内容だったのだが、歴史学者の磯田道史氏とともに番組の司会を務める、杉浦友紀アナ(36)のバストが暴れまくっていたのである。

 「正成が伝説的な籠城戦を展開したことで知られる千早城に登り、その伝説を体感するという過酷なロケに挑んだのが、誰あろう杉浦アナだったんです。このキャスティングにNHKやるな〜の声しきりでした」(女子アナウオッチャー)

 スタジオでは華やかな衣装で妖艶に微笑む杉浦アナだが、このロケでは当然ながら動きやすいカジュアルスタイル。これがタマらなくエロかったのだ。

 「下はピンクと紺色の切り返しのミニスカートに、黒いレギンス。上はボーダーのロングTシャツの上に、グレーのジップアップトレーナーという出で立ちでしたが、驚いたのはウエストポーチを斜めがけしてVTRに登場したことでした。おそらく、水分補給のための水筒かペットボトルが入っているのでしょう。ウエストポーチの重みで、ベルトが推定Hカップに深く食い込んで、大きな膨らみを強調していたんです」(女子アナライター)

 そんな杉浦アナが、山城の560段もの階段を登っていったのだからタマらない。

 「階段を上がるたびに爆乳がプルプルと揺れて、ポーチのベルトの食い込みが深くなり、その食い込みを直すたびにボヨヨンですからね。一段登るたびに、左右で2揺れするから、踏破するまでに1120回も揺らしたことになります」(同)

 暑さに途中で上着を脱いで腰に巻き、長袖Tシャツ姿になった杉浦アナが、またエッチだった。

 「ボーダー柄が杉浦アナの大きなおっぱいの稜線に這うように湾曲し、かえってその“山城”の形を浮き彫りにしてくれるのですから最高。しかも、汗で前髪を額に張り付かせ、頰を上気させて吐息を漏らす姿は、もはやSEX中の彼女を見るようでしたね」(同)

 しかも、その姿を後ろから捉えると、今度は肉厚のお尻がドーンと画面に大映しになる。

 「どこから食べてもおいしい杉浦アナの豊満ボディーを存分に楽しませてくれたんです」(同)

 杉浦アナのおっぱいも凄いのだが、太腿も超ド級のエロさなのだ。ぜひそちらの方もご覧あれ。

関連記事
芸能新着記事