園都 2018年6月28日号

元勤務先のドラッグストアを襲撃! 捜査かく乱を狙った“偽装ワイセツ”(2)

掲載日時 2018年03月04日 23時00分 [事件] / 掲載号 2018年3月8日号

 陽子さんは会社を通じて110番通報した。それから1カ月半後、警察が割り出した犯人は約8カ月前まで別店舗で店長をしていた小林康大(49)だった。
 小林は大学卒業後、スポーツインストラクターを務め、被害者が勤務していたドラッグストアの経営母体の会社に転職して15年になるベテランだった。

 同社は人材育成に力を入れ、社内外の研修を定期的に実施。店長ともなれば、店づくりに全面的な権限を持ち、売上金も管理する立場だった。
 小林はその権限に乗じてプチ横領を始めた。妻子を持ちながら、もともと金にだらしない小林は、金がなくなるとすぐに母親に援助を求めるという癖があった。その額は積もりに積もって1000万円近くになっていたが、一度も返したことはなかった。
 プチ横領がバレる寸前、小林は同社を退社した。それでも給料の蓄えはあったし、自分の経歴ならすぐに第2の職場が見つかるだろうと思っていたが、50歳目前の男の再就職は予想以上に厳しかった。同業他社が提示する給料は足元を見るような金額で、とても納得のいくものではなかった。かと言って、異業種では自分の経歴は何も評価されなかった。

 預金はアッという間に底を突いた。こんなときこそ母親に頼りたかったが、運悪く父親ががんで闘病生活に入ってしまい、資金援助は期待できなくなった。
 「ねぇ、今月の支払い、どうするのよ! 早く就職を決めてよ!」
 妻がプレッシャーをかけてくる。小林はサラ金からキャッシングしてその場をしのごうとしたが、すぐに限度額いっぱいになり、借りられなくなった。

 「泥棒でもしようか…」
 小林はネットで窃盗犯の手口を学び、ドライバーを使ってクレセント錠付近の窓ガラスを三角形に割るという手口を知った。その方法で留守宅への侵入を試みたが、自宅に現金を置いているような家は少なく、全くうまくいかなかった。
 こうなると確実に金が存在する場所として頭に浮かんだのは、元勤務先の店舗しかなかった。とはいえ、男性店長の店に入ったら反撃される恐れがある。自分を知っている従業員が働く店もダメだ。スーパーの中の店舗も防犯カメラだらけなので対象外。となると、自分を知らない女性店長が働く店を襲撃するという結論以外浮かんでこなかった。

 事件当日、小林は被害者が働く店舗に電話をかけて、在籍を確認した。閉店時間が午後8時であることは分かっていたので、その時間近くに身を潜めて待った。陽子さんの顔はホームページにも載っていたので、すぐに分かった。
 「静かにしろ、騒ぐと殺すぞ!」
 陽子さんはいきなり自分の車に乗り込んできた不審者を見て震え上がった。
 「殺さないで下さい…」
 「じゃあ、このまま店の前に付けろ」
 小林は陽子さんを連行し、金を奪ったら逃げるつもりだったが、レジの中にあった金は少なすぎた。
 「入金専用の金庫があるだろう!」
 自分で言っておきながら、それでは内部関係者であることを自ら白状しているようなものだと気付き、急遽、わいせつ行為をすることに決めた。

 そもそも金が目的だった小林は、途中で陽子さんがかわいそうになり、どこで犯行をやめるか迷った揚げ句、陰部に指を突っ込んだ時点で陽子さんに好意を寄せる変質者であるかのように見せ掛け、謝罪を交えた恋の告白をするとともに、通報を促して立ち去ったのだった。
 しかし、警察の捜査は甘くない。一連の流れからすぐに内部関係者の犯行であることを見破り、経営母体の会社の協力のもとに小林を重要参考人として浮上させた。防犯カメラに映った小林の映像や付近を走行していた小林の車、犯行道具を買いそろえた100円ショップまで割り出し、小林を強盗と強制わいせつ容疑で逮捕した。

 事件後、経営母体の会社社長は激怒した。
 「万引きのような小さな被害額ではない。当社で店長として働き、売り上げを伸ばすことがどれほど大変なことか分かっていたはずだ。女性店長は死を覚悟するほどの恐怖感を与えられた。絶対に許すことはできない」

 小林は示談を拒否され、妻にも離婚され、法廷では終始、泣きっぱなしだった。
 「とんでもないことをしてしまったと思います。何もかも失って、孤独になり、こんなにつらい思いをしたことはありません。わいせつ行為をしたのは捜査のかく乱が目的で、性的意図があったわけではありません。刑罰を受け終わった後は、人と接する仕事がしたいです。被害者の方に民事で損害賠償請求訴訟を起こされる覚悟もできています。一生かかっても、返していこうと思っています」

 金がないから強盗するという浅はかな発想では、地獄のような日々しか待っていないのだ。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

元勤務先のドラッグストアを襲撃! 捜査かく乱を狙った“偽装ワイセツ”(2)

Close

▲ PAGE TOP