岸明日香 2018年12月20日号

武田久美子「もう一度脱ぐわ」五十路記念“貝殻ビキニ&漆黒ヘア”復活祭

掲載日時 2018年09月17日 22時00分 [芸能] / 掲載号 2018年9月20日号

武田久美子「もう一度脱ぐわ」五十路記念“貝殻ビキニ&漆黒ヘア”復活祭
武田久美子

 かつてのグラビアの女王・武田久美子が、8月12日に50歳の誕生日を迎えた。直後の15と16日に公式ブログで娘と旅行中のメキシコの海で撮影した、オレンジ色のセクシービキニの上半身写真をアップ。おっぱいのエロい谷間は健在で、美魔女のフェロモン満点だった。ブログの反響に喜んだのか、翌17日には“フルビキニ”カットもアップしたから大変だ。

 「腰をくねらせつつ、ビーチで“グラビア座り”する姿は色っぽすぎました。腰はくびれ、肌は小麦色で、下半身は挑発的な“紐ビキニ”。20代の全盛期と変わらぬプロポーションで、完全に現役ですよ」(同)
現在は米国に拠点を置き、「貝殻ビキニ&漆黒ヘアヌード」披露の復活計画を進めているという。

 '80年代前半、アイドル歌手として活躍。'89年、セクシー路線に舵を切り、写真集『My Dear STEPHANIE』で、ホタテで胸と下半身を隠した“貝殻ビキニ”と、薄茶色の大きな乳輪を出した初ヌードが大反響となり30万部の大ヒットを記録。'94年の写真集『Lady Casablanca』では、ヘアヌードを披露し、ファンをフル勃起させた。

 「'00年に製薬会社勤務の米国人と結婚し、米サンディエゴに移住。長女をもうけるも、'16年1月に離婚しました。今年3月、『バイキング』(フジテレビ系)にVTR出演した際、日本在住の恋人がいることを明かしましたが、まだ独身。50歳を機に、色々と過激に仕掛けようと計画しているようです」(芸能プロ関係者)

 その仕掛けとは、ずばり、「再・貝殻ビキニ&漆黒ヘアヌード」であることは確実だ。
「武田は今回のビキニ画像アップで“もう一度脱ぐわよ”と出版関係者や芸能界にサインを送ったわけです。それをキャッチした複数の関係者がすでに水面下で交渉に入っており、武田は久々の貝殻ビキニや乳輪出しヌードに合意したとか。早ければ年内に大きな動きがありそうです。今回のビキニ画像を見た限り、胸の盛り上がりは衰え知らずで、かつて話題になった薄茶色の大きな乳輪や、漆黒のヘアも健在でしょう」(出版関係者)

 武田は'14年、イベントで“還暦で赤い貝殻でグラビアをやる”と宣言したこともあるだけに、10年前倒しでの実現性は高い。実現率98%とみた。

関連タグ:グラビア 女王


芸能新着記事

» もっと見る

武田久美子「もう一度脱ぐわ」五十路記念“貝殻ビキニ&漆黒ヘア”復活祭

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP