葉加瀬マイ 2018年11月29日号

夏のおっぱい芸能美女「姉妹どんぶり」妄想SEX14組(3)

掲載日時 2018年07月22日 20時00分 [官能] / 掲載号 2018年7月26日号

夏のおっぱい芸能美女「姉妹どんぶり」妄想SEX14組(3)

 ふんわり癒やし系を求めるならば、女優、ゆり子&ひかりの石田姉妹だろう。といっても、その願望のほとんどは、48歳にして、みずみずしい可愛らしさを保つ“奇跡のアラフィフ”として人気急上昇した、姉・ゆり子に向けられたもの。
 「彼女とは特別なことなんてする必要がなくて、ただただ抱き合って肌を合わせ、優しくお互いをいつくしみながら交わりたいよね。きっと彼女も、そんなSEXが好みだと思うんだ。瞳を潤ませ、泣き出さんばかりの表情が目に浮かぶよ」(50歳=開業医)
 「親友のお母さんが石田ゆり子。遊びに行ったら、まだ親友が帰ってなくて、お母さんと2人きり。家庭での彼女は、無防備で胸元のゆるいブラウスの中でブラが浮いてピンと立った乳首がチラ見え。だけど、実はそれは彼女のエッチな誘いで、僕は童貞をささげることになる。そんな展開、ないかな」(24歳=大学院生)

 若々しい姉とは裏腹に、すっかり熟した妹のひかりには、熟女マニアが食指を伸ばす。
 「いや、あの生活感は悪くないよ。二児を育てて、乳首も黒く、尻も垂れはじめているに違いない。だけど、欲情すれば糸を引くような粘り気のある愛液を溢れさせるのが、だいたいあのタイプ。興奮するじゃないか」(48歳=鉄道関係)

 この石田姉妹とは逆に、国民的女優となった妹と、“残念な姉”というレッテルを貼られた藍里&架純の有村姉妹も、面白い存在といえそうだ。
 「藍里は、マスコミに報じられるほどブスじゃないよ。しかも、スレンダー美乳でスタイルは一級品。実はSEXの相手には、遠慮なく欲望をぶつけられる、そんなタイプが一番いいんだよ。グラビアアイドルで活躍していただけに、そのエロ〜い美尻は絶品。ぜひとも一度、お手合わせ願いたいね」(42歳=土木関係)
 「国民的女優となった妹の架純とは、体が幼そうなだけに、顔が見える正常位や座位で見つめ合ってヤリたいね。突き上げるほどに、首に回した手に力が入っていき、こちらの腰を脚でギュッと締め付ける“大好きホールド”で、中出しをおねだりしてきたりして」(26歳=フリーター)

 もちろん、楽しい姉妹丼3Pプレイへの願望も寄せられている。
 「2人との泡踊りなんて楽しそう。ヘアを泡まみれにしての“たわし洗い”でキャッキャとセクシーな声を上げ、潜望鏡で私のイチモツを奪い合うような姿が見られたら、言うことなし。ボーナスが出る、年に2回の恒例行事にしたいね」(54歳=自動車メーカー)

 巨乳姉妹ということなら、グラビアアイドルとして活躍する、いろは&ゆり菜の柳姉妹も楽しみが多い。
 「俺は、色気がムンムンの姉・いろはだな。彼女はOLスーツがよく似合う。社長の椅子に座った俺のアソコにまとわりついて離れない、エッチな秘書みたいなイメージが一番ハマるね」(58歳=無職)
 「ふんわり癒やしの笑顔が可愛い妹・ゆり菜に浴衣を着せて、花火大会にでも出掛けたいよ。慣れない草履に足が痛くなってホテルにしけ込み、花火の音を思い出しながら、パンパン〜パン! 帰りに着付けができずに“ど〜しよ〜”なんてパニくる可愛い姿にまたムラッときて、再度、“パンパパパ〜ン!”とね」(35歳=新聞配達)

 もちろん、柳姉妹とのムチムチ3Pへの期待も大きいところ。
 「2人揃って、男がもっとも理想とする、ムッチリEカップ美巨乳の持ち主だからね。3Pをたっぷりと楽しんだあと、そのまま癒やしのお肉に包まれて、まどろむように眠りにつきたいね」(47歳=会社員)

関連タグ:姉妹どんぶり

官能新着記事

» もっと見る

夏のおっぱい芸能美女「姉妹どんぶり」妄想SEX14組(3)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP