葉加瀬マイ 2018年11月29日号

ボートレース 下関『GIIIウエスタンヤング』の展望

掲載日時 2018年06月28日 11時00分 [エンタメ] / 掲載号 2018年7月12日号

 先週に引き続き、ヤングダービーへの関門である東西のヤング戦について展望していきたい。今週は下関で6月28日より開催の『GIIIウエスタンヤング』。

 この大会はズバリ戦力差が大きく、羽野直也、仲谷颯仁、小野生奈の3人が他を圧倒している。中でも羽野は、すでに3度、SGレースに出場。そのうち、今年のクラシックとオールスターに連続出場し、いずれも予選突破。クラシックが準優4着、オールスターは準優5着に敗れたが、SG優出は時間の問題といえる。

 また、仲谷も羽野を追随し、3度のSG出場。今年は2月の九州地区選手権でGI初優勝するなど、成長著しい。

 さらに小野も発展度合いが凄まじい。5月のSGオールスターでは「予選トップ通過か?」と思わせる活躍を見せた。最終的には予選トップ通過はおろか、準優1号艇も得られなかったが、男子の一線級相手でも見劣りしなかった。先のSGグランドチャンピオンでも確かな旋回力でわたり歩き、その操縦能力は女子No.1といっても過言ではない。今回は相手関係からしても絶対に外せない1人である。

 イースタンヤングと異なり、西地区は戦力差が大きく、前述3選手のいずれかが優勝する確率が高い。従って舟券は無理な穴を狙うのではなく、羽野、仲谷、小野の頭から絞って購入するのが妥当だろう。

関連タグ:公営ギャンブル


エンタメ新着記事

» もっと見る

ボートレース 下関『GIIIウエスタンヤング』の展望

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP