葉加瀬マイ 2018年11月29日号

ああ、やっぱり…黒木華主演映画『ビブリア古書堂』が大爆死

掲載日時 2018年11月07日 21時30分 [芸能]

ああ、やっぱり…黒木華主演映画『ビブリア古書堂』が大爆死
黒木華

 11月1日に公開された女優・黒木華の主演映画『ビブリア古書堂の事件手帖』が、案の定大爆死を遂げている。

 同映画は人気ミステリー小説の実写版で、黒木にとって2作目となる主演映画。2013年にはフジテレビ系の“月9”枠にて剛力彩芽主演でドラマ化されたが、原作キャラとかけ離れた剛力の容姿に、放送前から大批判が巻き起こっていた。

 さらに、ドラマの時系列は原作のエピソード順をシャッフルするなど、独自の改変で原作ファンは発狂。最終回の視聴率は当時の“月9”史上最低を更新し、注目されるはずの最終回が最も低いという珍事が発生した。

 そんな“いわくつき”の作品だけあって、公開前から「どうせ今回も…」と下馬評が低かった今回の映画版。そしてフタを開けると、公開後の土日を対象とした動員数ランキングでは初登場6位という“案の定”な成績に終わった。

 「『ビブリア』の興行収入は発表されていませんが、前週の土日に興収8300万円を記録していたアニメ映画『宇宙の法 黎明編』は、この週4位で『ビブリア』より上。この結果から考察すると、『ビブリア』の興収は5000〜6000万円ほどでしょう。あまりの悪さに、数字の公開が中止されたようですね」(映画誌記者)

 ネット上にも、
《黒木華はそもそも地味顔過ぎてイメージと違う。剛力は問題外だったが…》
《美人役を黒木華がやる時点で終わってた。剛力とどっこいどっこい》
《そもそもなぜ今さらビブリアを再実写化したのか》
《また名作に泥を塗りやがったな》
《せっかくの名作なのに、なぜ実写は2回も配役に恵まれないんだ…》
 などといった声が上がっている。

「皮肉なことに、同じく黒木主演映画の『日日是好日』は、公開4週目ながら8位にランクイン。さらに『ビブリア』の公開館数253に対して『日日是好日』は160と、実に100近くも少ない。このことからも、いかに『ビブリア』が大コケしたのかが分かります」(同・記者)

 公開前から全く期待されていなかったので驚きはないが、なぜ制作会社はこの企画に「GOサイン」を出したのだろうか。

芸能新着記事

» もっと見る

ああ、やっぱり…黒木華主演映画『ビブリア古書堂』が大爆死

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP