林ゆめ 2018年12月6日号

ローラが脱皮「エロ〜ラ」誕生? インスタ女王から“ハメ撮りAV女優”への道

掲載日時 2018年08月23日 22時30分 [芸能]

ローラが脱皮「エロ〜ラ」誕生? インスタ女王から“ハメ撮りAV女優”への道

 タレントのローラ (28) のセクシーインスタに、世の男性がメロメロにされている。ボリュームたっぷりのムチムチダイナマイトボディーと美しいヒップラインに「セクシービーナス」と絶賛の嵐だ。
だが、ローラはこの先どこに向かうのか。そんな折「ハメ撮り」AV出演説が飛び出した! 今後は“エロ〜ラ”として、挿入モノに活路を見出すのではないかと囁かれている。

 「ローラは4月、所属していたL社との契約トラブルが解消されていたことを、自身のツイッターで発表しています。円満解決だとしているのですが、現状は、どう考えても以前より悪くなっているようです」(スポーツ紙記者)

 トラブル発覚後、ハリウッド女優を目指すために渡米したローラ。昨年秋、ロサンゼルスに3億円の豪邸を購入したことも女性誌で明らかになっている。

 「スタッフも連れて行き、仕事の都度日本に帰る、と意気揚々でした。でも、わずか1年も経たず、豪邸を売却することが発覚。その理由は『広すぎて』ということですが、実際には仕事がなく、手放さざるを得なかったと囁かれています」(女性誌編集者)

 彼女のハリウッド愛は有名で、'16年、映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』にコバルト役で出演した際には、大喜びだったという。

 「念願のハリウッド作品に、大はしゃぎだったようです。ただ、日本の人気ゲームの実写版映画なので、ローラを客寄せパンダとして抜擢したのだともっぱら。その後、アジア女性は低く見られるため、彼女は金髪にし、英語も覚えたものの、実際、舞い込んできた仕事は、“ハリウッドポルノ”ばかりだったといいます」(同)

 豪邸売却は、事実上の米国撤退といわれている。
「L社との和解は彼女の一方的な発表だし、現実にはテレビの出番はなく、CMも減る一方。円満解決とは名ばかりで、完全に“干された”と見る関係者は多い」(前出・スポーツ紙記者)

 そうした中、最近の彼女は、インスタグラムの過激さが話題になっている。
「Tバック水着をお尻のワレメに食い込ませた画像や、スポーツブラだけで買い物をしている場面をアップするなど、エロモード全開です。“エロ〜ラ”路線に方向転換する覚悟を決めたのではないでしょうか」(同)
 すると、期待するのは全裸Xデーだ。

 「日米限らず、彼女に興味を示すセクシー系映像関係者と交渉していると言われています。その中には、“ハメ撮り”で1億円を提示しているAV関係者もいるとか。米国では下半身の剃毛は当たり前。もし、海外作品にローラも出演するとなれば、ツルマンにすることは間違いないでしょうね」(AVライター)

 “エロ〜ラ”路線に舵を切れ!


芸能新着記事

» もっと見る

ローラが脱皮「エロ〜ラ」誕生? インスタ女王から“ハメ撮りAV女優”への道

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP