今後の権力争いの行方が気になるジャニーズ事務所

芸能・2020/03/30 21:00

 ジャニーズ事務所は29日深夜、ジャニーズJr.のメンバーで結成された9人組グループ「Snow Man」のリーダー・岩本照(26)に、一定期間の活動自粛の処分を科すことを発表した。

 各スポーツ紙によると、岩本は27日発売の写真誌「フライデー」(講談社)で、ジャニーズJr.時代の2017年に都内のラブホテルの一室で行われた飲み会に参加し、同席した女性の一部が未成年だったと報じられた。

 岩本は06年にジャニーズ事務所に入所し、09年に結成した前身グループを経て、12年からSnow Manとして活動。今年1月22日にシングル「D.D.」でCDデビューしたが、いきなりグループにとって大ダメージを与えてしまった。「ジャニーズJr.を統括するのはジャニーズの滝沢秀明副社長だが、滝沢氏は不祥事には厳罰で臨む構え。一方、藤島ジュリー景子社長は、以前、お気に入りのNEWS・手越祐也が未成年飲酒が発覚した際、事務所の圧力を使ってメディアにスルーさせ、処分を与えなかった」(音楽業界関係者)

 ジュリー社長と滝沢氏といえば、以前から確執や対立が報じられているだけに、今後、し烈な権力争いを繰り広げそうだが、滝沢氏側には“攻撃材料”がある。

「発売中の『週刊ポスト』(小学館)で、手越が安倍昭恵首相夫人と花見を楽しんでいたことが報じられた。コロナで花見自粛を呼び掛ける首相夫人の愚行だけに、国会でも野党に攻撃されているほど。滝沢氏も手越に対する厳罰を求めるのでは」

 足の引っ張り合いが繰り広げられそうだ。

関連記事
芸能新着記事