葉加瀬マイ 2018年11月29日号

すっかり“低視聴率女王”のレッテルを貼られた吉岡里帆に待ち受ける“みそぎ”

掲載日時 2018年08月15日 21時30分 [芸能]

すっかり“低視聴率女王”のレッテルを貼られた吉岡里帆に待ち受ける“みそぎ”

 女優の吉岡里帆(25)主演のフジテレビ系連続ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の14日放送の第5話の視聴率が4・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 吉岡演じる主人公が、安定を生活を求めて都内の区役所に就職し公務員に。最初に配属された「生活課」で待ち受けていたのは、個性豊かな職場の仲間たちと、生活保護の壮絶な現実と向き合い奮闘する姿を描く。

 吉岡の連ドラ主演は今年1月期の「きみが心に棲みついた」に続いて2作目。初回は7・6%でスタートした同ドラマだが、徐々に視聴率がダウン。第5話にして今期のゴールデン・プライム帯でダントツの最下位を記録してしまったのだ。

 「『きみが|』は結局視聴率が1話も2ケタを超えないまま全話平均7・7%で終了。にもかかわらず、業界には吉岡のファンのオヤジたちが多く、もともと視聴率が期待できない関西テレビ制作枠で主演をゲットしたんですが、案の定、視聴率が低迷してしまいました」(フジ関係者)

 推定Eカップと言われている吉岡。下着メーカーの社員役を演じた「きみが|」では、下着姿でランウェイを歩かせられるという男性視聴者の絶好の“オカズ”となるシーンがあったが、「健康で|」では夏のドラマにもかかわらず、極力肌の露出がない服装ばかりだ。

 「そのあたりも低視聴率の原因でしょうか。吉岡といえば、かつて売れないころにはグラビアをやっていたにもかかわらず、売れたらグラドルをディスる発言で批判を浴びました。そこで、ドラマが当たらなかった“みそぎ”で限界ギリギリのグラビアを披露すれば好感度アップは確実。まったく露出がなかった『週刊プレイボーイ』の特集号が売れたぐらいですから、露出があればバカ売れしそうです」(出版関係者)

 ドラマがコケても吉岡はひと肌脱げば再起できそうだ。

芸能新着記事

» もっと見る

すっかり“低視聴率女王”のレッテルを貼られた吉岡里帆に待ち受ける“みそぎ”

Close

WJガール

▲ PAGE TOP