菜乃花 2018年10月04日号

貞淑美女タレントの性白書 次期エース女子アナお色気エロ下半身(1) 鷲見玲奈、和久田麻由子

掲載日時 2018年02月18日 20時00分 [女子アナ] / 掲載号 2018年2月22日号

 「今年は大雪もあって一段と寒い冬になっていますが、もうすぐ春。各局、次期エース女子アナが着々と育って来ています」(女子アナライター)

 平昌オリンピック(2月9日〜)で中継キャスターを務めるテレビ東京・鷲見玲奈アナ(1990年5月12日生・27歳)もその1人。
 「彼女の魅力はなんといっても、あの“Gカップ巨乳”。よほど自信を持っているのか、“おっぱいライン”がはっきりと分かるタイトなニット姿でTV出演することが多いですね。五輪期間中は、彼女のファッションにも大注目です」(女子アナウオッチャー)

 昨年12月、鷲見アナは『柔道グランドスラム東京2017』のキャスターも務めたが、その時のファッションが大きな話題となった。
 「ピンクのジャケットを羽織っていたのですが、彼女が動くたびにめくれて、超ド級のおっぱいが飛び出しそうになっていました」(写真誌カメラマン)

 ハイライトは、休憩中にそのジャケットを脱いだシーンだった。
 「巨乳を強調するデザインのシャツを着ていたので、“規格外の大きさ”が手に取るように分かりました。シャッターを押すより、彼女のおっぱいを“ガン見”してしまいまして…。フル勃起しちゃって困りましたよ」(同)

 昨年、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)の表紙と巻頭グラビアを飾り、ファンを増大させた鷲見アナ。
 「趣味は編み物、特技は3歳から習っている詩吟です。これだけ見ると、おっぱいの割りには地味な印象を受けますが、もともと、アナウンス力には定評がありました」(前出・女子アナウオッチャー)

 “ポスト大橋未歩(2017年12月退社)”の一番手なのだ。
 「大橋アナからは“YC(ヨコ乳)”というエロい言葉が生まれました。文字通り、ヨコ乳をアップにするというものですが、これを鷲見アナが継承していくものと思われます」(テレビ東京関係者)

 彼女は新年早々から、インスタグラムの動画でもGカップ巨乳を揺らしまくっていた。
 「“ブラチラ”も披露した後で、おいしそうな桃尻とムッチリ太ももの彼女が体にフィットしたニット系の衣装で、エアでボウリングやソフトボール、ダンスをみせていましたが、おっぱいの揺れがブルンブルンとモノ凄いことになっていました。“スミに置けない女子アナ”になりそうです」(前出・女子アナウオッチャー)

 ここからは、チャンネル順にNHKから見て行こう。

 『あさイチ』を3月いっぱいで降板すると報じられた有働由美子アナに代わって、次のエースと期待されているのが、朝のニュース番組『おはよう日本』のキャスター・和久田麻由子アナ(1988年11月25日生・29歳)。
 東大経済学部経済学科を卒業したエリートで、愛称は“わくまゆ”。
 「それでも、アナウンサーになっていなかったらミュージカル俳優になりたかったようです」(NHK関係者)

 才女にして目のクリッとしたルックス。人気が出ないはずがない。
 「祖父がフランスの血を引いているところから、局内では“NHKの滝川クリステル”と呼ばれているそうです。身長165センチで推定86センチDカップ巨乳のモデル体型です」(前出・女子アナライター)

 好物は、スイカ、生クリーム、あんこ。大学時代はラクロス部のマネージャーをしていたという。
 「ラクロス部に“彼氏”がいたそうで、以後、彼氏が途切れたことがないという伝説の持ち主です。といっても、今の生活のパターン(早寝早起)では、彼氏は無理だと思います。しばらくの間、おあずけですね」(スポーツ紙記者)

 他にも、こんな伝説があるという。
 「黒のガーターベルトが“勝負下着”だというのです。親しみやすい性格も、彼女の魅力の一つですが、素顔は案外、女王様なのかもしれません」(芸能ライター・小松立志氏)

 “ポスト有働”を目指すのなら“硬軟”を合わせ持っていなければならない。
 「ニュース番組は、いつ任せても大丈夫。それに肩の力が抜ければ、バラエティーも大丈夫だと思います。とりあえず、『ニュース7』への栄転があるのではないでしょうか。現在担当の鈴木奈穂子アナが“子作り”を望んでいますから」(前出・女子アナライター)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

女子アナ新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 次期エース女子アナお色気エロ下半身(1) 鷲見玲奈、和久田麻由子

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP