長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』次作で“ポロリ作戦”決行決意!?

芸能・2020/07/27 12:03 / 掲載号 2020年7月30日8月6日合併号
長澤まさみ『コンフィデンスマンJP』次作で“ポロリ作戦”決行決意!?

長澤まさみ

閉じる

 女優の長澤まさみが、7月23日に公開が決まった主演映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が大ヒットすれば、シリーズ次作で“巨乳ポロリ”シーンを仕掛けると囁かれている。

「『コンフィデンスマンJP』シリーズは、2018年4月期にフジテレビ系“月9”枠で連ドラとして放送。長澤演じる女詐欺師らが悪人たちから金を奪っていく痛快ストーリーがウケ、翌19年5月公開の映画版が興収30億円超と大当たり。当初、今年5月1日公開予定だったシリーズ第2弾『プリンセス編』はコロナ禍で延期されたものの、7月23日公開が決まり、夏の注目作になっています」(映画ライター)

 去る6月11日に公開が発表されて以降、長澤はテレビ出演に応じ、ノリノリでPR中。早くも“映画が大ヒットしたら…”との条件付きで、予定される第3弾で“巨乳サプライズ”に挑む覚悟を決めているという。

「『プリンセス編』が第1弾以上の興収をたたき出せば、長澤は第3弾の出演を決意するはず。そればかりか、過激露出シーンも仕掛けるつもりのようです。製作が決まれば、コロナ禍の状況を見ながら来春ごろにもハワイロケの予定で、来年中の公開を目指すとされます。常夏の島で、三十路の色気を全開にしたFカップ乳を“極小ビキニ”で強調するシーンを盛り込む意向をもらしているようです。『コンフィデンスマンJP』は長澤が一番好きなシリーズですからね」(芸能関係者)

 デビュー20周年を迎え気合いを入れていた長澤だが、コロナ禍で5月から上演予定だった初の1人芝居が公演中止に。しかし、もう1つの主演映画『MOTHER マザー』が一足早く7月3日に封切られるなど、巻き返しが始まっている。

「長澤は6月、一部メディアのインタビューに“エンタメがないと人は生きていけない”と力説しています。エンタメを盛り上げるためには脱ぐことも必要…という女優魂をみなぎらせた可能性がありますよ」(同・関係者)
 大いに期待だ!

関連記事
関連タグ
芸能新着記事