彩川ひなの 2018年7月5日号

大橋未歩 不倫アナ…いやフリーアナ転身「極小純白下着」写真集にオファー殺到

掲載日時 2018年03月01日 20時00分 [女子アナ]

 「私事で大変恐縮なのですが、プントリネア事務所でお世話になることになりました」とテレビ東京を退職した大橋未歩(39)が、2月よりフリーアナに転身したことを発表。それと同時に、「極小純白下着」写真集のオファー殺到で争奪戦が繰り広げられているという。
 「彼女は'13年に脳梗塞を患い長期休職。昨年退職した際は、具体的な理由も明かさず、とくに今後については言及しなかった。このまま、主婦業に専念するのではないかと見られていた」(女子アナライター)

 '07年に当時、東京ヤクルトの選手だった城石憲之(44)と結婚。脳梗塞を発症した時は、城石の献身的な看病が話題になった。だが、円満夫婦かと思いきや、'15年に突然の離婚。'16年1月に、年下のディレクターとすでに再婚していたことを発表している。
 「表向きの離婚理由は『仕事でのすれ違い』。でも、離婚直後の'15年に籍を入れたらしく、大橋の不倫でモメたというのが真相でしょう。しかし、年下のディレクターというのは異色ですよね」(同)

 ちなみに、再婚相手の夫もテレビ東京勤務。大橋は'09年にアナウンス部主任、'15年に主事に昇進と順調に出世。職場婚が多いテレビ界にあって、辞める理由もなかったはず。
 「結婚前から不倫の噂は、相当社内でも広まっていたそうです。しかも彼女は病み上がりのため、以前のように人気優先でガンガン出演させるわけにもいかない。近年は、単発以外はほとんど出番がなかったことと、不倫説によるイメージダウンから、辞めざるを得なかったのでしょうね」(テレビ東京関係者)

 しかし、この2月に所属事務所がP社に正式決定し、本格復帰が確実となった。
 「テレビ東京時代は、タンクトップがお得意。B88のFカップ乳を机の上に“ドンッ”と乗せて司会する姿がバカウケした。顔もかわいいし、“元祖巨乳アナドル”の復帰で、また“谷間見せ司会”が期待できるかと思うとファンも狂喜でしょう」(テレビ雑誌編集者)

 彼女のフリー転身に、放っておかないのが出版界だ。
 「下着写真集のオファーが殺到し、獲得合戦になっているそうです。あのムッチリ巨乳を“ナマ下着”で見てみたい。極小純白ブラの谷間見せで部数20万部、ギャラ1億円。フリー初となる大型の仕事として十分の価値がある。彼女は局アナ時代、グラビアで人気を博した実績もあり、実現は大いにある」(写真集編集者)

 “乳首も乳輪も大きめ”と業界スズメたちはかまびすしいが、ドーンとB88のFカップ乳を見開き2ページに載せて奴らを見返してやって下さいましな。

女子アナ新着記事

» もっと見る

大橋未歩 不倫アナ…いやフリーアナ転身「極小純白下着」写真集にオファー殺到

Close

▲ PAGE TOP