葉加瀬マイ 2018年11月29日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 桜庭ななみ(25) 男の誘惑に弱くタフで絶倫!?

掲載日時 2018年03月29日 18時00分 [官能] / 掲載号 2018年4月5日号

 今回は、NHK大河ドラマ『西郷どん』で、貧しい西郷家の長男・隆盛を助ける長女・琴の役で出演中の女優・桜庭ななみを取り上げよう。芯の通ったしっかり者ながら、温かく優しい人柄を好演していて、彼女の顔相から観て取れる性格とも概ね一致している。

 彼女の顔相の特徴は、横幅も高さもある大きく肉付き豊かな鼻で、金甲(小鼻)にも丸みがあって抜群の金運とタフな精力の持ち主だ。
 漢字で女ヘンに鼻と書けば「嬶」。鼻の大きい女性は結婚後の妻の座が磐石で、夫を尻に敷く相。彼女は額が広いので、その傾向がさらに1レベルアップする。
 一方、口はやや小さく、歯列のアーチも華奢で、エラの骨格が張らず、女性度の高い顔相だ。大きい耳に結婚指向の強さがうかがえ、他者愛の上唇より自己愛の下唇のほうがずっと厚くて、生来の気質は依存的。性愛面でも生活面でも男性に甘え、頼る。
 眼光が優しく、眉も(左はやや吊り気味で強いが、右は)ほどよく優しい曲線で、何が何でも仕事(芸能界)で頑張っていく――というタイプではなく、結婚して、家庭に入って幸福をつかむ女相だ。

 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の張りがおとなしめで、目の輝きに清潔感があり、余計な媚や水気がなく、淫蕩には走りにくい。現時点の【淫乱度】は「3」寄りの「2」と低めだ。
 彼女のように、口やアゴの骨格に勢いがなく、鼻が大きく肉付きの厚い女相は、タフさが生活力(稼ぐ力)や生命力(丈夫な身体)よりも性生活に発揮されがち。門歯も大きく、【絶倫度】は「4」と高くて、淡泊な男性では続かず早々に別れると見る。
 爆笑したとき、彼女は歯茎がやや露出するが、これは楽天家で異性の誘惑に弱い尻軽相。軽眼(大きい目)で黒目が大きいところはモテ相で、丸目なところも一時の感性で性愛に走りがちな傾向を示していて、【尻軽度】としては「3」とやや高めだ。
 先天的名器度が現れる、耳穴の下の溝が良形ながら、後天的名器度を示す口元の締まりがあまりよくなく、【名器度】は「2」寄りの「3」。
 おとなしめの臥蚕と口相、豊かな金甲と、あげまん要素はいくつかそろうものの、どれも決定的とは言えず、最も重要な眼形が垂れ型であげまん相ではない。それでも、トータルで観て、【あげまん度】は「3」寄りの「2」と、現代女性ではやや高めだ。

 顔を上下に3等分したとき、彼女は上停が広く中停も充実していて、中年までは順風ながら、下停が弱くて晩年に運気が傾く。なので結婚相手には、口の大きな、アゴのがっしりとした、相補的な顔相(鼻だけは同タイプが好相性)の男性が好ましい。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学


官能新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 桜庭ななみ(25) 男の誘惑に弱くタフで絶倫!?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP