木下優樹菜 電撃引退即勃発!「1億円セクシービデオ」業界争奪戦

芸能・2020/07/22 18:00 / 掲載号 2020年7月30日8月6日合併号
木下優樹菜 電撃引退即勃発!「1億円セクシービデオ」業界争奪戦

木下優樹菜

閉じる

 7月6日に芸能界を引退した木下優樹菜に対し、早くもセクシービデオ業界が争奪戦を開始したという。

「木下は姉が勤務していた都内のタピオカ店経営者とモメ、昨年10月に木下が店側に送ったとされる“恫喝メール”の存在が明らかになったことから炎上し、活動休止に追い込まれました。同年12月には夫の『FUJIWARA』藤本敏史と離婚。今年7月1日に活動再開を発表したのに、1週間もたたない6日に引退を発表するというドタバタぶりでした」(芸能記者)

 所属事務所は引退発表に際し「今後、信頼関係を維持することが著しく困難」と厳しいコメントを出したことから、深刻なトラブルがあったと疑われている。

「活動休止後に浮上した日本代表歴のあるプロサッカー選手との不倫疑惑が1つ。他にも、30代のダンスアイドルグループをはじめとした複数の不倫疑惑も水面下でくすぶっていたと疑われており、そうした私生活上の諸問題がクリアしきれないとみられたため事務所と折り合わず、突然の引退発表になったようです」(同・記者)

 そんな事情だけに、芸能界復帰は絶望的といわれている中、ガ然、興味を強めているのがセクシービデオ業界だというのだ。

「藤本と離婚時、7歳と4歳の娘の親権を木下が持ったのですが、長らく仕事がない。有名人のため、引退後も普通の仕事はやりづらく、コロナ禍もあって生活が苦しくなるのは確実です。そうした中、“フリー”になった木下に対し、複数のセクシービデオ業界関係者がアプローチを開始しているというのです」(週刊誌ライター)

 木下は、地元の東京・葛飾で、少女時代は有名なヤンキーだったといわれている。その後、渋谷でスカウトされたことをきっかけに芸能界入りし、2007年には『三愛水着イメージガール』に選出。その後、ファッション誌『PINKY』『ViVi』で専属モデルを務めるなど、超人気スーパーボディーの持ち主でもあるのだ。

「身長166センチでウエストが58センチ。キュッとくびれているのに、バスト88センチ、ヒップ86センチという“ボン、キュッ、ボン”のセクシーボディーなのです。しかも、元ヤンのぶっ飛びキャラだからセクシービデオ向き。関係者の中には“3本の出演契約をしてくれたら、デビュー作だけで1億円のギャラを用意する”と提示している人もいるとか」(同・ライター)

 近年、グラドル出身の人気芸能人がセクシービデオに転身して大活躍する例が相次いでいるだけに、木下に関しても“再デビュー”は十分あり得る話と見ていい。

「すでに、木下獲得を視野に入れ、木下が“ヤンキー女王様”になり、男をイジメるプレイをする作品や、ギャルママものなど、具体的な作品のプランを進めつつ、本人サイドと交渉しようとしている関係者もいるようです。木下も財政的に困っているとみられる上、目立つことが好きなタイプ。サプライズ発表があっても、おかしくなさそうですね」(スポーツ紙記者)

 タピオカのような艶やかなバストトップ披露に期待だ!

関連記事
関連タグ
芸能新着記事