美音咲月 2019年7月25日号

元『モー娘。』市井紗耶香の参院出馬報道に「またタレント候補…」とウンザリの声

掲載日時 2019年06月25日 21時15分 [芸能]

元『モー娘。』市井紗耶香の参院出馬報道に「またタレント候補…」とウンザリの声
市井紗耶香

 7月に予定されている参議院議員選挙。衆議院議員選挙と比べタレント候補が多いのが近年の特徴だが、また1人、芸能人が立候補するという。元『モーニング娘。』の市井紗耶香が、立憲民主党から比例代表候補として出馬することが、6月25日付のスポーツ紙が報じた。

 市井は2012年に再婚し、現在は4児の母。「若いお母さんたちに一歩踏み出す勇気を持ってほしいということを発信していきたい」と話しているといい、母親目線での政治参加を目指しているらしい。

 一報を受け、早くもネット上は「ウンザリ」の声であふれ返っている。
《またタレント候補かよ…もう本当にやめて》
《せめて政治の勉強をしてから立候補してくれよ…》
《国会が仕事のないタレントの再就職先になってるなw》
《6年も高給が約束されるんだから、そりゃあ出馬したがるよな》
「またか…」と思った人の脳裏に浮かんだのは、おそらく元『SPEED』の今井絵理子参院議員だろう。

 「彼女は当選時、出身地の沖縄が抱える基地問題について問われ、『これから勉強します』と発言したことをたたかれていましたね。その後も政治活動ではまったく目立たず、話題になったことといえば『一線は越えていません』との“迷言”を残した不倫騒動ぐらいなものです」(スポーツ紙記者)

 さらに記者氏は、「市井も似たようなものでしょうね」と付け加える。

 もちろん市井はまだ候補に過ぎず、議員になったわけではない。しかし多くの人は「市井議員」がすでに誕生したものとして、ため息をついているようだ。

 「参院選挙はその性質上、政党名よりも候補者名がより重要視されるため、知名度のあるタレント候補が当選しやすいのです。さらに次の選挙からは、極端に言えば選挙運動もせず当選確実になってしまう『特定枠』というものが導入されます。その枠に市井が選ばれるかは分かりませんが、いずれにしても彼女の知名度なら十分当選ラインでしょう」(同・記者)

 仮に当選したとして“第2の今井絵理子議員”にならなければいいのだが…。


芸能新着記事

» もっと見る

元『モー娘。』市井紗耶香の参院出馬報道に「またタレント候補…」とウンザリの声

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP