菜乃花 2018年10月04日号

会計はションピングカートで!画期的スーパーが福岡でオープン

掲載日時 2018年02月15日 23時44分 [社会] / 提供元 リアルライブ

会計はションピングカートで!画期的スーパーが福岡でオープン

 2月13日に放送された『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京系)では、福岡市に14日オープンしたスーパーマーケット・スーパーセンタートライアル アイランドシティ店を特集した。

 同店のショッピングカートは、タブレット端末とバーコードリーダーが付いており、欲しい商品のバーコードをリーダーで読み取り、読み込んだ商品がタブレットに反映されるというもの。

 ただ、このカートを使って買い物するには、同店のプリペイドカードが必要。カートにプリペイドカードを読み込ませれば、タブレット端末で精算を行うことができ、わざわざレジで会計をしなくて済むらしい。

 当面は店員が補助的にレジ作業をするようだが、レジ打ちにかかる人件費を従来の4分の1程度に抑えられる見込みがあるようで、今後も積極的に導入していくようだ。

 ネットでは「IoT革命起きてる気がしてワクワクしてる」「スーパーの省人化すごい。倉庫だね」といった、今後のスーパーの変化を楽しみにしている意見が多く寄せられた。

 また、アメリカでは、レジのないコンビニAmazon GOが先月オープンした。決済は専用アプリで行うため、財布を出す必要がなく、非常に画期的だ。だが、海外のユーチューバーがAmazon GOで万引きを成功させた動画をアップしていたりと、まだ、レジレス化には多くの課題があるのが現状といえる。

 現在、小売業界では、客の利便性を高め、人件費を抑えるため、様々なテクノロジーの導入が積極的に検討されている。わざわざレジ係が、商品のバーコードを読み取っていた時代を、懐かしむ日が来るのは意外と近いのかもしれない。

関連記事
フジテレビ「第2の人生を応援します」早期希望退職者へ“厚遇”
平野歩夢、銀メダルに各所から祝福の声!お祝いムードの中炎上するあの人
インフルエンザの特効薬になるか?新薬「ゾフルーザ」は
村上信五に整形疑惑?ジャニーズのタブーに挑戦するニュータイプ
「僕が頭がおかしかった」爆問太田、岡村に平謝り 壮大な茶番劇が終幕

社会新着記事

» もっと見る

会計はションピングカートで!画期的スーパーが福岡でオープン

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP