☆HOSHINO 2019年6月27日号

細川ふみえが見せた同情ヌード

掲載日時 2019年05月20日 21時00分 [芸能] / 掲載号 2019年5月23日号

細川ふみえが見せた同情ヌード
細川ふみえ

 主演ドラマが大コケし、ツイッターが炎上。映画ドタキャン騒動に事務所独立と、この数年はトラブル続きで、今後が不安視されていた真木よう子(36)も、元俳優の片岡怜雄と’15年に離婚しているバツイチのシングルマザーだ。昨年9月に大手プロの所属となり、今年1月にはドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!〜この女にかけろ〜』(テレビ東京)で主演復帰を果たし、かつての輝きを取り戻しつつある。

 「真木は、’05年の初主演映画『ベロニカは死ぬことにした』で、Fカップ爆乳を揺らしてのオナニーシーンで、一躍、注目の存在となりました。暗がりの中で大胆にアソコをまさぐって、カラダをいやらしく脈打たせる姿は、演技を超えた本気印でした。あのボディーが男日照りにそう長く耐えられるはずもなく、昨年は、子供を元夫に預けて、新恋人との逢瀬を楽しんだことが一部で報じられました。最近の美しさの秘密は、セックスの充実にありそうですね」(前出・芸能記者)

 逆に、不幸のオーラがエロさを強調しているバツイチ美女といえば、細川ふみえ(47)だろう。
「当時としては最大級のFカップバストでグラビアを席巻しましたが、その後、付き合った大道芸人とは結婚に至らず。妻子ある不動産会社社長との重婚騒ぎの末に結婚するも、同社長が暴力事件を起こし、’09年、一児を抱えて細川は離婚しています」(同)

 その直後に、篠山紀信氏が撮りためていたヌード写真を1冊にまとめた、写真集『Fumming』を発売した。
「なかなか幸せになれない細川への同情がエッチなスパイスとなり、写真集は売れに売れました。大きな膨らみの真ん中に、意外にも小さく上品な乳首がツンとある。薄めのヘアも儚げでいやらしかった。しかし、そのギャラは20億円とも伝わる元夫の借金返済に消え、細川には1円も入らなかったという話もありましたね」(出版関係者)

 今やすっかり議員先生となった、三原じゅん子(54)は、’16年に24歳年下の元秘書と3度目の結婚を果たしたバツ2美女。再チャレンジ可能な社会の実現をスローガンに掲げる安倍政権のシンボルとも言える存在で、内閣改造のたびに大臣候補に名前が上がってくる。

 「かつては週刊誌のカメラマンをボコって逮捕されたこともある気性の激しさを、政治活動のエネルギーとして昇華させているのでしょう。同時に、多くの男性を惹きつけてしまう魔性の持ち主でもある。’94年にアラーキー撮影の写真集『Junco』でヘアヌードになっていますが、バストはぺったんこ。いわゆる“まな板黒乳首”を隠して、黒々としたヘアを丸出しにしたショットが目立つ、異例の作品でした」(同)

 この三原と並んで結婚3回の葉月里緒奈(43)も、’98年にヘアヌード写真集『RIONA』で“まな板乳首”を見せている。

「その貧乳ぶりから“残念ヌード”とも言われましたが、美しい顔と剛毛のいやらしいコントラストに魅せられた男性は多かったようで、50万部の大ヒットとなりました。真田広之や、あのイチローをも虜にした裸かと思うと、味わい深いものがありました」(同)

 この葉月のせいで真田と離婚しバツイチとなった、手塚理美(57)も、若き日に大胆なヌードを見せている。

 「’81年の写真集『少女だった』でヌードを発表し、本格女優への意気込みを見せ、翌年にはNHK朝ドラ『ハイカラさん』のヒロインの座をゲット。かと思ったら、朝ドラ放送中に、篠山紀信氏撮影の写真集『四色の花火』を発表してNHKが激怒というエピソードも残しています。雪の中で輝く、当時、21歳のCカップ美乳は、くっきり残った水着の跡のせいで、かえって白いバストの質感が生々しく、陥没気味の乳首にも興奮させられました」(グラビア編集者)

 大物に抱かれた女といえば、米国人ビジネスマンと’93年に離婚後、世界的アクションスター、ジャッキー・チェンとの熱愛過去を明かした、水沢アキ(64)も忘れちゃいけない。

「デビュー当時から童顔巨乳で、アイドル歌手ながら『平凡パンチ』や『プレイボーイ』のグラビアで大人気でした。伝説となっているのは、『GORO』で発表したTシャツヌード。ノーブラにTシャツ姿で海から戻ってくる時に、篠山紀信氏がここぞとばかりにシャッターを切ったといいます。水に濡れたTシャツが、たわわに実った巨乳に張り付き、全裸よりもインパクトのある写真になったんです」(前出・出版関係者)

関連タグ:バツイチ女優


芸能新着記事

» もっと見る

細川ふみえが見せた同情ヌード

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP