彩川ひなの 2018年7月5日号

「私の下にも…」稲村亜美、始球式での中学生球児殺到するも神対応

掲載日時 2018年03月13日 16時17分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

「私の下にも…」稲村亜美、始球式での中学生球児殺到するも神対応

 「神スイング」で一躍有名になったタレントの稲村亜美が10日、東京・神宮球場で行われた日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟の開幕式で始球式を行った後、中学生にもみくちゃにされた件が大騒動に発展した。

 ツイッターなどに投稿された映像や画像によると、始球式を終えた稲村の周囲に数百人単位の選手が殺到しパニック状態になってしまった。

 その後、同連盟は公式サイトに謝罪文を掲載。「選手数名が怪我をするという事態にもなり、我々役員の事前検討が十分でなく、関係する皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます」と状況を説明。

 「選手が整列していた場所を離れ、あのように稲村亜美さん目指して殺到した行為は、決してあってはならないこと」とし、稲村の元に駆け寄った選手に対しては、チームを通じて猛省を促すという。

 「稲村は上にはジャンパーを羽織っていたが、下は真っ白なホットパンツ姿。お年頃の男子中学生たちが思わず駆け寄ってしまうのも分からなくもないが、パニックになる状況を想定できなかった連盟にも多大な責任がある」(スポーツ紙記者)

 稲村は13日放送のフジテレビ系「めざましテレビ」の取材に応じ、「握手して欲しいという思いで近寄ってきて、ああいう状態になってしまったらしいです。倒れてた子もいましたし、私も倒れてしまって。私の下にも下敷きになっている選手の方もいた」と冷静に当日の状況を説明した。

 ツイッターではある球児が、稲村の体に触ったなどとつぶやき、騒動が拡大。しかし、稲村は「体に触れるということは全くなかったです」と否定。「選手の皆さんも悪気があってしたわけじゃないですし、これからも一生懸命野球やっていただいて、野球界をドンドン盛り上げるために頑張って欲しいなと思います」と、球児たちにエールを送った。

 稲村の「神スイング」ならぬ「神対応」だけに、今後もオファーが増えそうだ。

関連記事
稲村亜美、 神スイングの次は“神騎乗” 馬上でお尻アピール
稲村亜美、ミニスカ美脚で“神スイング”披露 石井一久をうならせる
有村架純、桐谷美玲、高畑充希、山本美月!あの映画、舞台の豪華女優陣が再会でファン歓喜
甘えん坊すぎてイラっとされる?広瀬すず、姉・アリスと姉妹喧嘩
加藤シゲアキ、神対応連発!トラブル発生もアンチすら黙らせる

芸能新着記事

» もっと見る

「私の下にも…」稲村亜美、始球式での中学生球児殺到するも神対応

Close

▲ PAGE TOP