葉月あや 2019年5月2日号

非情なり中国…新種のオランウータン生息地にダムを建設か

掲載日時 2019年03月21日 22時30分 [社会]

非情なり中国…新種のオランウータン生息地にダムを建設か
画像はイメージです

 中国はパンダを動物愛護の視点で保護・繁殖させているのではなく、世界戦略の一環として行っていることがハッキリした。絶滅危惧種であるアジアゾウを、貧しい南アジアの農村では労働力として育んでいるが、それを札束で富裕層のペットとして買い取る行為はその一例だ。そして、今度は新種のオランウータンを危機に追い込む所業である。

 オランウータンはインドネシアのスマトラ島とボルネオ島、マレーシア領にだけ生息する絶滅危惧種であり、これまで「スマトラ・オランウータン」と「ボルネオ・オランウータン」の2種が確認、保護の対象とされてきた。

 ところが2017年11月、スイス、英国、インドネシアの学者などからなる国際調査チームが北スマトラ州タパヌリ地方で生息が確認されたオランウータンが、DNAや頭蓋骨の骨格や歯などからこれまでの2種のいずれにも属さない新種のオランウータンであることが分かり、88年ぶりに新種として「タパヌリ・オランウータン」と命名され、発見と同時に絶滅危惧種に指定された。

 ところが同州南タパヌリ県で、中国企業との合弁事業で中国の金融機関が資金援助する水力発電ダム「バタントルダム」の建設計画が明らかになり、インドネシアの自然保護団体「ワルヒ」を中心に、ダム建設の反対運動が始まり、建設計画の中止を求める請求が裁判所に提出され審理が続いていた。

 「タパヌリ・オランウータン」はタパヌリ地方だけに生息し、その個体数は約800と推定され、早急な保護とさらなる生態観察が発見直後から大きな課題となっている。

 ところが、
「3月4日に州裁判所は、建設を中止する合理的理由はなく、オランウータンの棲息への影響も訴えにあるほど深刻ではなく、配慮がなされているなどとして、訴えを却下する判断を下したのです」(環境保護に詳しいジャーナリスト)

 インドネシアでは首都ジャカルタからバンドンに向かう高速鉄道網計画も中国企業が受注したものの当初の開業予定が大きく遅れるなど、中国企業が関係したインフラ整備や大規模事業でさまざまな問題が生じている。

 中国企業の建設事業は例外なく「安い、遅い、できても危険」の3要素で行われるが、だからこそ、そもそも環境保護など眼中にない。中国企業に工事をやられたらタパヌリ・オランウータンはひとたまりもないのだ。


社会新着記事

» もっと見る

非情なり中国…新種のオランウータン生息地にダムを建設か

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP