年末から年始にかけて高まり出したSMAP再結成の可能性

芸能・2020/01/03 21:15
年末から年始にかけて高まり出したSMAP再結成の可能性

香取慎吾、草g剛、稲垣吾郎

閉じる

 日本テレビ系で昨年大晦日に放送された「ガキの使い!大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール」の視聴率が、紅白の裏番組ではトップとなる16・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したが、番組内でMVP級の活躍をしたのが、元SMAPの稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(42)だった。

「草なぎは昨年話題になったドラマ『全裸監督』の村西とおる監督ばりに白いブリーフ一丁で肩にカメラをかついで登場。香取は常時“パンチラ”するキャラで、稲垣はお笑いコンビ・どぶろっくの持ちネタである『大きなイチモツをください』を熱唱。新境地を開拓した」(テレビ局関係者)

 村西監督といえば、女優に対する質問攻めがおなじみ。それを模倣した草なぎは、ダウンタウンの松本人志(56)に対し、元SMAPのメンバーで松本と親交のある中居正広(47)についての質問攻めを見せ爆笑させた。

 これだけにとどまらず、3人は2日にテレビ東京系で放送された、お笑い芸人・出川哲朗(55)の冠番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」の3時間SPに出演。

 電動バイクに乗り、充電しながら旅する人気番組のトップバッターを務めたのは香取。ペットショップで応対した女性の母に手を振ると、まさかの「ごめん、キムタク派なんで」。香取は手をたたきながら爆笑したのだ。

「まず、元SMAPの3人が地上波解禁になったことがビッグニュース。おまけに、以前なら香取が“犬猿の仲”のキムタクの名前が出てあんなリアクションをすることはなかった。もともと、3人は中居とは仲がいいので、キムタクさえOKすればSMAPの再結成は十分にありそう。視聴率の不振にあえぐ紅白の“救世主”になる可能性もある」(芸能記者)

 SMAPファンにとっては久しぶりにうれしい年末年始になったようだ。

関連記事
芸能新着記事