森咲智美 2018年11月22日号

独占公開 女子アナ「ヘアヌード写真集」ギャラ番付(3) ホラン千秋、林美沙希、水卜麻美、皆藤愛子

掲載日時 2018年03月19日 20時00分 [女子アナ] / 掲載号 2018年3月22日号

独占公開 女子アナ「ヘアヌード写真集」ギャラ番付(3) ホラン千秋、林美沙希、水卜麻美、皆藤愛子

 7位も伏兵的な名前が上がってきた。現在『Nスタ』のキャスターとして出演中。アイルランド人とのハーフで独特の印象を醸しているホラン千秋(29)だ。
 「顔は完全なヨーロッパ人なのに、髪の毛は真っ黒。身長160センチと大柄でもなく、顔は小さいのに、B86・W60・H89というDカップ巨乳。エロ妄想をかき立てる異色のヌードが期待できます」(前出・女子アナ評論家)

 彼女はヨーロッパ系だけに剃毛派だと思うだろうが、さにあらず。実は陰毛生やし放題のボーボー派と関係者の間ではもっぱらだ。
 「薄地のパンティーから透けて見える漆黒剛毛が彼女のイメージにピッタリ。とにかく、ジャングル系がエロさを引き出します。真っ黒な髪の毛に小顔、巨乳、密林と、すべてが目新しい。部数30万部、ギャラ1億8000万円です」(前出・出版プロデューサー)

 8位には、テレビ朝日の林美沙希アナ(27)が初登場だ。林アナは民放一の美人揃いのテレビ朝日にあって、入社当時からの注目株。局のエリートコースとされる『報ステ』のお天気キャスターを経て、現在、夕方ニュース『スーパーJチャンネル』のキャスターとして先に登場した竹内アナと共演中だ。
 「正直、竹内アナより林アナを見たいという声が圧倒的に多い。彼女は、その美貌に加えて、人懐っこい笑顔で好感度が高い。近い将来、『報ステ』のメーンキャスターになると評判です」(テレビ朝日関係者)

 身長162センチ、B82のCカップとされている。特筆なのは、その巨尻。88センチ級の特大ヒップだと評判だ。
 「以前、番組で黒のパンツ姿で階段を上がっていく姿が、パンティーラインが見えるほどのピチピチの大きい尻で、迫力満点でした。彼女がもし脱ぐとしたら、バックショットの超恥ずかしい写真集が似合う。部数25万部、ギャラ1億5000万円は間違いない」(写真集カメラマン)

 9位は日本テレビの水卜麻美アナ(30)。彼女は、その太めの容姿を生かし“ぽっちゃりアナ”というブランドを構築。昨年末に発表したオリコン『好きな女性アナウンサーランキング』で、堂々の5年連続1位を獲得した。
 「正直、30代の大台に乗って、いつまでも、ぽっちゃりで売るのもどうかと思うが、柔らかそうな身体をオープンにした全裸は、確かに見てみたい。知名度とEカップのぷるぷる巨乳を武器に部数20万部、ギャラ1億2000万円のお値段。デブ専ファンの爆買いが見込めます」(同)

 10位は、やっぱりというべきか、フリーアナの皆藤愛子(34)。彼女は“ロリアナ”として長く美少女ぶりが評価されたが、さすがに最近では、美貌も下降線。前回9位より微落だ。
 「ただ本人は最近、テレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』などで、積極的にワキ見せやパンチラをやっている。ロリ愛子から“エロ愛子”に脱皮中で、出番も急増しています。昨年、番組の中で“非処女”であることも告白。ロリ性器見せで部数15万部、ギャラ1億円」(前出・出版プロデューサー)

 さて、圏外だが、同点11位の2人を紹介。1人はフリーアナの脊山麻理子(37)。
 「半脱ぎが多く、もう飽きた。期待されるのは全裸性器見せです。部数10万部以上」(前出・写真集評論家)

 さらに、新潟で不倫疑惑を週刊誌にスッパ抜かれた過去があるテレビ朝日の松尾由美子アナ(38)だ。
 「前はヤセ型だったのに、最近は超ムッチリ。“不倫告白ヌード”なら、部数10〜20万部ありそうです」(前出・女子アナライター)

 全員のヌードが見たい!

関連タグ:女子アナ「ヘアヌード写真集」ギャラ番付

女子アナ新着記事

» もっと見る

独占公開 女子アナ「ヘアヌード写真集」ギャラ番付(3) ホラン千秋、林美沙希、水卜麻美、皆藤愛子

Close

WJガール

▲ PAGE TOP