神田沙也加“大嫌いな母”松田聖子より1歳早くバツ1に…このまま“数”を追い抜くかも

芸能・2019/12/18 21:15 / 掲載号 2019年12月26日号
神田沙也加“大嫌いな母”松田聖子より1歳早くバツ1に…このまま“数”を追い抜くかも

神田沙也加

閉じる

 先ごろ、舞台俳優の村田充と離婚していたことを公表した女優の神田沙也加。やはりDNAには逆らえないということか…。その理由は彼女の“不倫”だという。

「12月5日発売の『女性セブン』が、沙也加とジャニーズJr.のユニット・MADEの秋山大河との不倫密会をスクープしました。同誌記者の直撃を受け、あわてて4日に村田と沙也加がブログで《今年の夏に離婚していた》と発表。理由は“子供を作るかどうかの意見の違い”としていますが、これを額面通りに受け取った関係者は皆無です」(夕刊紙記者)

 同誌によると、沙也加と秋山は今年7月の共演舞台をきっかけに、8月ごろから親密になり、10月ごろには沙也加が村田と暮らしていた家を出たという。

「沙也加は、大ヒット公開中のディズニー映画『アナと雪の女王2』の日本語吹き替え版でメインの声優を務めている。もし、不倫の事実を認めた場合、即座に降板させられ、莫大な違約金を請求されることも考えられました。同作でオラフ役の声優をしていたにもかかわらず、コカインで逮捕されたピエール瀧の例もありますからね。焦った沙也加が、うまく村田に口裏を合わせてもらったというのが真相でしょう」(映画関係者)

 沙也加は、母・松田聖子の奔放な男遊びがトラウマになり、反発していると報じられてきた。

「外国人男性のジェフ・ニコルス氏との交際時、聖子はまだ神田正輝と結婚していた。それなのに聖子はジェフくんを自宅に招き入れ、沙也加に『パパ』と呼ばせていたそうです。その後も、歯科医やマネジャーの男性に乗り換えるたび、沙也加は居心地の悪い思いをしてきました」(芸能記者)

 ところが、男グセの悪さは母親そっくりなのだ。

「聖子は、デビュー前からファンだった郷ひろみ、CMで共演した田原俊彦、結婚した神田など、絶頂期は共演者キラーとして知られていました。沙也加も、母親の聖子とは長い間疎遠になっているようですが、これまでのカレ氏はことごとく一緒に仕事をした芸能人ばかり。母親と同じなのです。創作活動をともにしていくうちに感情移入し、いつの間にか交際に発展してしまう。村田も秋山も、このパターンです」(同・記者)

 聖子は34歳でバツ1、38歳でバツ2になったが、沙也加は恋多き母親より早い年齢でバツ1になった。

 秋山とは、不倫のイメージを嫌うジャニーズ事務所から別れさせられる公算大。この勢いだと、母親のバツの数を追い抜いてしまうかもしれない…。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事