釣れた魚と旨い酒!日本全国釣り行脚 東京都伊豆大島・元町桟橋産アカハタ

エンタメ・2019/12/14 18:00 / 掲載号 2019年12月19日号
釣れた魚と旨い酒!日本全国釣り行脚 東京都伊豆大島・元町桟橋産アカハタ

アカハタ

閉じる

 なんだか一気に寒くなりましたなぁ…。毎朝布団から抜け出せずに、目覚まし時計に八つ当たりを繰り返しております。彼には罪はないんですけどねぇ…。

 さて、地上では冬の気配が色濃くなって参りましたが、海中の季節は1〜2カ月遅れとなりますから、まだ秋まっ盛り。今のうちに秋の賑やかな釣りを満喫しておくべく、仲間を誘って3人で東京都の伊豆大島へと出かけました。

 そういえば夏前にも当地に釣行し、メイチダイやカサゴ、ホウライヒメジなどが釣れて、いずれも美味しくいただきました。それに味をしめ、「年内にもう一度!」となった訳であります。

 大島までは東京・竹芝からジェット船に乗り込んで2時間弱。ジェット船は、ほとんど揺れず快適至極。船旅につきまとう船酔いの心配がないため、安心して島旅を楽しめます。

 さて、仲間と釣り談義に花を咲かせるうちに、島の玄関口である岡田港に到着です。それにしても、行きの道中はこれからの釣りへの期待が高いせいか、実にあっという間で楽しいもの。仲間とワイワイ&ワクワクを共有するこの時間も釣りの楽しみの1つなんですね。

 到着後は手配していたレンタカーに乗り込み、島内の釣具店やスーパーマーケットを巡回。必要品をそろえたところで、島の西側に延びる元町桟橋へ向かいます。

 桟橋には釣り人の姿がチラホラありましたが、3人並んで竿が出せそうな先端や手前の右側にスペースを確保。明るいうちに釣りの支度を整えます。

 釣り方は3人ともブッコミ釣り。前回の数釣り&美味が忘れられないワタクシはメイチダイを、両隣の仲間は太仕掛けでタマン(ハマフエフキ)を狙います。全員で同じ魚を狙う連帯感も楽しいものですが、各々が違う魚を追うのもまた楽しいものです。

★仲間の竿に羨ましい魚が!

 さて、日没前には各々仕掛けを入れ終えて、後は魚が掛かるのを待つばかり。竿先に着けた発光体が揺れる瞬間をドキドキしながらひたすら待つという、もどかしくもあり、それでいて楽しくもある時間の始まりです。

 ターゲットの違いもあって、エサはイカや小アジ、イソメなど三者三様。とはいえ、魚の活性が高い時期ですから、ウツボやアナゴなどのエサ取りへの対処に追われるのが、この時期の離島釣行の常です。

「あれれ…、それにしても、今日は随分と静かですなぁ…。邪魔なエサ取りがいないと寂しいなぁ…」

 そう思っていた矢先、右隣の仲間の竿先が「バイン、バイ〜ンッ!」と揺れ、それを見た仲間が即座に竿の元へ猛ダッシュして竿を煽ります。竿の揺れ方はアナゴやウツボっぽい感じでしたが、さていかに…。

 適度な重量感に加えて鋭角的な引きが続いているようなので、ある程度の大きさの“ヒレのある”魚が掛かっているようです。掛けた本人も「泳ぎますねぇ〜」などと言いながら、楽しそうに巻き上げてきます。

 ヘッドライトに照らさmれた海面に浮かび上がった魚は…、おおっ、赤い! 一瞬、良型のカサゴかと思わせた根魚的シルエットの正体はアカハタでした。しかも35センチほどの良型! う〜ん、コイツは羨ましい…。

 実は、もう1人の仲間は長年に渡って伊豆大島に通っているベテランなのですが、「ココでアカハタなんて珍しいなぁ」とのこと。彼も実に羨ましそうな視線を送っています。

★本職の仕事に悶える夜

 ということで、開始から1時間ほどでイイ魚が出たこの釣行の続きは、次回以降をお楽しみに!

 今回は、このアカハタをメインディッシュに楽しんだ晩酌の模様をお伝えします。いや〜、先に言ってしまいますが、今回は特別美味しかったのですよ〜

 実は、大島通いが長い仲間は本職の料理人。彼は四条司家包匠師範位を持ち、かつては自分でお店を出していた「本職」なのです。100円ショップの包丁を使い捨てにしているようなワタクシとは比べ物にならない、いや比べてはいけないアレなんですな。

 ということで、件のアカハタは即座に彼によって血抜きが施され、クーラーボックスで急冷。美味しい白身魚を最高の状態でいただくには、このひと手間は不可欠です。

 して、そのアカハタは刺身にていただくことにします。といっても、ワタクシは仲間が作ったものを美味しくいただくだけですけどね。

 光沢感すらある美しい白身に少量の醤油を付け、味わうようにいただきます。あ〜ウマいっ! 続いて身に残した皮目に軽く火を入れた「炙り」も遠慮なく。
「くくくぅ〜っ!」

 3人とも悶絶です。仲間秘蔵の『御神火 三年古酒』の素晴らしい風味とともに、伊豆大島の恵みを大いに堪能した逸品でありました。

***************************************
三橋雅彦(みつはしまさひこ)子供の頃から釣り好きで“釣り一筋”の青春時代をすごす。当然の如く魚関係の仕事に就き、海釣り専門誌の常連筆者も務めたほどの釣りisマイライフな人。好色。

関連記事
関連タグ
エンタメ新着記事