菜乃花 2018年10月04日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 『尼神インター』誠子(29) 食と性に貪欲で動物的!?

掲載日時 2018年04月26日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2018年5月3日号

 今回取り上げるのは、女性お笑いコンビ『尼神インター』のボケ担当・誠子。昨春に東京進出を果たして以降、全国ネットのTV出演が増え、人気急上昇中だ。
 特徴的な顔相の持ち主で、口が大きく、歯列が外向きで、積極的・外向的かつタフで打たれ強い。
 反面、鼻がアンバランスに貧弱で、目も小さく自尊心が低く、存在感や内実を(特に異性に)アピールする力が弱い。
 このチグハグさがお笑い芸人としては魅力になってもいて、見る角度によってブスに見えたり、逆に可愛いくも見えたり、印象が大きく変わるのも、このアンバランスさからきている。

 大口で出っ張った口元の女相は、食と性に貪欲で動物的(よく言えば野性的)。生活力・生命力もいたって旺盛だ。
 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の張りは悪くなく、細く薄めに作った眉にも好色性が現れていて、性愛のポテンシャル自体は高い。
 しかし、眼光に過剰な水気や媚がなく、TVでの「芸風」ほどの淫蕩さはない。また、門歯が大きく、目が小さく(おまけに彼女の場合、黒目も小さく)、性愛の場面での情感や繊細さに欠けるため、男性のノリや庇護欲を触発しにくく、損をする。
 小さい鼻と低めの山根(鼻の付け根)に異性からの押しの弱さが現れ、上唇の八重歯と重なる部分がぷっくり膨らんでいるのは尻軽相の1つで、おだてに乗せられやすい。
 チャートの評点としては【絶倫度】と【尻軽度】が「4」と高く、【淫乱度】も「4」寄りの「3」で高めと観る。
 吊り上がりの「へ」の字眉に、乏しい金甲(小鼻)、勢いの強すぎる口相と、あげまん相が皆無に近く、【あげまん度】は「1」。
 生来的な膣道の断面と一致するとされる、耳穴の下の溝がやや広めで、後天的名器度が現れる、口元の肉付きも豊かとは言えず、【名器度】も「2」どまり。

 小さい鼻の女性は結婚運・夫婦運が悪く、また、彼女は耳も小さくて角張り、その傾向を強めている。
 一方、口相に力があって、下停部(鼻下からアゴ先まで)が長く、充実していて、晩年は安泰だ。
 ちなみに、相方の渚は、誠子とは対照的な顔相で、その相補性ゆえコンビとしては良縁だ。
 渚は眉が太いわりに吊り上がらず、鼻も山根もほどよく高くて、いい嫁さんになれる。元ヤンキーでクチは悪いが、口元の相は上品というのがまた面白いところで、耳相が豊かなのも誠子とは正反対だ。
 結婚すれば、渚はすんなり幸せをつかむが、誠子は結婚そのものでゴタつくか、結婚しても自分が働き続けることになる。夫を食わせていくほどのたくましさを備え、いかにも「芸人」らしい女相と言える。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 『尼神インター』誠子(29) 食と性に貪欲で動物的!?

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP