中川祐子 2019年1月31日号

「世田谷一家惨殺事件」犯人が捕まらない理由とは?

掲載日時 2018年12月30日 06時00分 [事件]

 2000年12月に起きた『世田谷一家殺害事件』。未だ逮捕に至っていない同事件の犯人像について、警視庁は今年5月、現場に残されていた物証などから、「犯行当時15歳〜20代くらいの細身の男」であるという発表を行なった。「マフラーはチェック柄で、長さ約130センチ。成人の男性用としては短く、製造・販売元は不明だが廉価で、繊維の状態などから少なくとも数年間使用したとみられる。犯人が少年期から青年期にわたり、長期間着用していたことが推測され、首回りが細く、単身ではなく家族と同居していた可能性がある」「ヒップバッグは底が摩耗し、内部にマーカーペンに使われる蛍光塗料やインクが付着していた。文房具を使う学生などが一定期間使用していた可能性がある。
 このように明かし、同事件が「家族と同居している中高生ないし、大学生ぐらいまでの青少年による犯行」である可能性を公式に示唆したのだ。

 確かに同事件については、殺害された宮澤みきおさん(当時44)宅周辺で、夜間、少年たちによる悪戯や悪ふざけなどが頻発。そうした少年たちと、彼らを注意した宮澤さんとの間でトラブルがあったとする近隣住民の証言などもあった。また、同事件が発生した直後、犯人は宮澤さん一家を惨殺した後で、すぐには逃走せず、インターネットでサイトを閲覧したり、冷蔵庫を物色してアイスを食べるといった不可解な行動をとっていたことを考えると、当局が発表したこの「青少年犯行説」は、どこか頷ける部分がある。

 だが、こうした特徴を見ていくと、筆者はその後に起きた“ある別の事件”で逮捕された犯人の姿が頭をよぎるのである。

 その別の事件とは、『世田谷一家殺害事件』の発生から約7年後の2007年1月25日に起きた。東京・杉並区桃井二丁目の閑静な住宅街で、無職のN・Tさん(当時86)とその長男のN・Sさん(61)が殺害され、現金約4万7000円やクレジットカード類などが盗まれた、いわゆる『杉並親子殺害事件』である。

 実はこの事件で逮捕されたのは、外国人窃盗団でもなければ、チンピラ崩れの強盗でもない、平凡な目立たない大学生だ。N・Tさん宅の斜め裏手に位置する豪邸に住み、事件後も現場近くをしばしば徘徊している姿が確認されていた日大理工学部3年の学生、S・H被告(当時21)だったのだ。

 実はこのS・H、事件発生直後から“奇妙な言動”が取材陣の間でもちょっとした話題となっていた人物である。遠くからでも目立つ白いコートに咥えタバコという姿で献花に訪れたり、N・Tさん宅を警備している警察官に対して、「不審な物音がする」「昨夜から自転車がない。盗まれた」「ガラスを割られた。空き巣に入られたようだ」と、再三にわたって被害を訴え、その検証のために自宅へ招き入れたりと、強盗殺人事件の犯人とは思い難い、極めて不可解な言動を連発していたのである。無論、後者については自身も被害者である体をとることで、捜査員の目を逸らすための「工作」という見方もできる。しかし、後にS・H宅からは複数のナイフコレクションが発見・押収されており、仮に「工作」であったとするならば、明らかにハイリスク&ノーリターンな行為であったと言えるだろう。

 事件がマスコミで報じられる中、咥えタバコで近隣を徘徊し、捜査員や隣人たちと事件に関する話題をしながら、平然と暮らしていたS・H。筆者はこうした彼の“不可解な行動”が、どこか『世田谷一家殺害事件』の犯人像と重なる部分があるように思われてならないのである。さらに、S・Hという人間を軸に、この2つの事件を並べてみると、両者を繋ぐ“奇妙な線”が浮かび上がってくるように感じるのだーー。

 まず、これら2つの事件が発生した現場は、ともに近隣に大きな公園があり、そうした地域柄ゆえのことか、当時は少年による悪戯被害がしばしば報告されているという共通点が存在する。また、宮澤さんについては前述の通りだが、実は『杉並親子殺害事件』においても、その発生直前にN・Tさん宅で、窓ガラスをパチンコ玉で割られるといった被害が発生していたというのだ。宮澤さんのケースと同様、仮にこうした悪戯騒動の犯人に対し、N・Tさんが注意したとするならば、それが原因で犯人とトラブルになり、事件へと発展した可能性は否定できないだろう。無論、N・Tさん宅への悪戯は、S・Hによる犯行と見られているものの、仮にそれが事実であるとするならば、宮澤さん宅周辺で起きていたという悪戯も、「一家惨殺前の悪戯騒動」という点で、奇妙な点で結ばれるのである。ますますもって、S・Hという人物に興味が湧いてきはしないだろうか。

 また、これら2つの現場は、奇しくも、環状八号線沿いから少し入った場所に位置する閑静な住宅地という点も見逃せない。実は『杉並親子殺害事件』の発生現場から、ほぼ真っ直ぐに南下した位置に、『世田谷一家殺害事件』の発生現場が存在しているのだ。徒歩で行くには少々骨が折れるものの、自転車ならば“ちょっとした買い物感覚”で行ける距離感なのである。S・Hは事件後、捜査員に対してなぜか「昨夜から自転車がない。盗まれた」とわざわざ訴えているが、仮にこの言動が2つの事件を繋ぐ“奇妙な線”を隠す目的であったとするならば、前述の“ハイリスク&ノーリターン”に見えた彼の工作も、あながちノーリターンではなかったように思えてくるのだ。

 ましてや、先頃発表された“犯人像”と同様、『世田谷一家殺害事件』発生時、S・Hは14歳の中学生。ヒップバッグやマーカーペン、チェック柄の小さいマフラーも使う年頃であったことだろう。

 無論、杉並の事件はともかく、『世田谷一家殺害事件』は未だ解決を見ていないため、こうした話の多くは憶測の粋を出ないものばかりである。だが、少なくともS・Hが逮捕された『杉並親子殺害事件』については、今なお腑に落ちない部分が存在していることは間違いない。事件後の公判において、S・Hの親は被害者遺族に対して8000万円もの大金を支払い、それを遺族側が受け取ったという事実が明らかとなったが、こうした大金を造作なく支払える富裕な一家の息子が、果たして「遊ぶ金欲しさ」のためだけに近隣住民を殺害し、たかだか4万7000円の現金を奪い、挙げ句、クレジットカードを盗むだろうか。そもそも、S・Hは近隣住民から聞く“良い評判”とは裏腹に、自宅に用途不明のナイフを複数本所蔵していたような青年である。「人を殺す」という欲望が彼の心の奥底に存在し、その発露として、同事件が起きたと考えることもできるだろう。

 なお、2009年7月15日、東京地裁はS・Hに対して無期懲役を求刑し、2審の東京高裁もこれを支持。死刑を求めていた検察側は上告を断念し、S・H側も上告を取り下げたことから刑が確定した。S・Hは現在も服役中である。


事件新着記事

» もっと見る

「世田谷一家惨殺事件」犯人が捕まらない理由とは?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP