菜乃花 2018年10月04日号

麻生財務相vs二階幹事長 熾烈を極めるポスト安倍「鉄砲玉」

掲載日時 2018年04月10日 08時00分 [政治] / 掲載号 2018年4月19日号

 学校法人森友学園を巡る財務省の決裁書改ざん問題は、当時、財務省理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官を証人喚問したものの、真相解明にはほど遠い結果に終わった。そうした茶番に対する国民の呆れが安倍内閣支持率の急落となって表れる中、いま永田町で注目されているのが、麻生太郎財務相の辞任のタイミングだという。
 「麻生氏はこれまで、安倍政権を救うために数々の泥をかぶってきた。2度の消費税増税の延期、来年に日本で初開催となるG20も、麻生氏の地元の福岡でほぼ決定と言われていたところを、菅義偉官房長官と松井一郎大阪府知事の画策で大阪にかっさわられた。麻生氏にすれば、菅氏というより決定を下した安倍首相に頭に来ている。そこへきて、本来は根本の原因が安倍首相ともいえる森友問題でも、詰め腹を切らされる事態。そもそも麻生氏自身、どうせクビになるのだろうと先手を打って安倍首相に辞意を伝えたが、結局は慰留されたといいます」(麻生派関係者)

 当然それは、安倍首相がこのタイミングで防波堤の麻生氏に辞められては、火の粉が直接自分に降りかかることを恐れてのことだ。
 「安倍首相とすれば、森友問題はうやむやなうちに幕引きさせ、日朝首脳会談あたりで挽回を図るつもりだろう。しかし、党内ではそこまで麻生氏はもたないとの見方が大半だ。加えて麻生氏が、すでに安倍首相に最大のダメージを与えられる辞任のタイミングを図り、辞めた直後から反安倍で動く準備を整えているという話まで出てきている」(自民党関係者)
 つまり、今秋の総裁選へ向け、安倍首相3選を阻止するために、自らはキングメーカーとして岸田文雄政調会長、場合によっては麻生派の河野太郎外相を担ぐ腹を固めたというのだ。

 これをいち早く察知し、そうはさせまいと動き出したのが、二階俊博幹事長だという。
 「安倍首相の3選を支持してきた二階氏だが、改ざん問題では『理解できない』と政権に反発し徹底解明を求めるなど、ここにきて首相との距離を置き始めている。周辺では、もう見切りをつけたという話でもっぱらです。そこへ天敵である麻生氏の動きを知った二階氏は、負けじとポスト安倍工作に乗り出しているという」(別の自民党関係者)

 二階氏と麻生氏が天敵同士の理由を、自民党ベテラン議員はこう説明する。
 「最近で2人の対立が表面化したのは、鳩山邦夫元総務相の死去に伴う'16年の福岡6区衆院補選。麻生氏は自民党福岡県連会長の息子を全面支援。一方で二階氏は、二階派の武田良太衆院議員が推す邦夫氏の次男、二郎氏をバックアップし、そこに菅氏も加わって自民党を二分する戦いとなった。結果は二階派支援の二郎氏が当選、麻生氏は赤っ恥をかいている。二階氏は79歳、麻生氏が77歳と年は近いが、性格はまったくの水と油。かねてより派閥領袖としてけん制し合う関係ではいましたが、いよいよ手法問わずの激突が始まろうとしている」

 では、ポスト安倍に向けての両者の青写真はどのようなものなのか。
 「麻生氏はもともと自民党最古参派閥の宏池会出身で、現在の岸田派とは同根でもあるため、安倍首相がダメとなれば岸田氏の支持に回るだろう。最近は麻生氏が岸田氏を連れ出し頻繁に会食をしているという情報もある。これまで再三にわたって噂が出ては消えていたが、麻生氏の狙いは自身の麻生派と岸田派を統合する『大宏池会』構想で、その奥の院を押さえること。そうした上で、まずは岸田氏を担ぎ上げ、次に麻生派から河野氏を立てる考えではないか」(政界事情通)

 一方の二階氏は、自ら温めていた、とっておきの切り札を持つ。
 「二階氏が筆頭副幹事長に抜擢した小泉進次郎氏です。国民に支持される自民党を最も意識する二階氏としては、まず地方組織の信頼が厚い石破茂氏を担ぎたい。これに今、党内で最も求心力の強い進次郎氏の支援が加われば、麻生氏の思惑潰しが可能になる」(二階氏周辺関係者)

 これに対し、安倍首相は進次郎氏を取り込もうと躍起だという。しかし、当の進次郎氏は森友問題で日々、「真実が知りたい」「与党としての自浄能力が試されている」と、暗に政権批判のトーンを強めている。しかも、3月1日に発足した進次郎氏を中心とする勉強会の幹事長には、こちらも安倍批判を強めている福田赳夫元首相の孫・福田達夫防衛政務官が就任している。
 「安倍首相が3選を諦めるようなことがあれば、首相を出している細田派94人は岸田と石破、つまり麻生か二階を選ぶかで真っ二つになる可能性も出てくる。麻生派(59人)と岸田派(47人)が組めば、二階派(44人)と石破派(20人)が手を結んでも不利だが、そこに進次郎氏の若手グループや細田派内の福田元首相派が加わると事態は変わってくる。さらに、石破氏と関係が深い竹下亘総務会長が会長に就く額賀派改め新竹下派(55人)の動向も大きなカギを握る」(前出・自民党ベテラン議員)

 “ポスト安倍”は実質、二階VS麻生のつばぜり合いか。勝ち馬を見据えた派閥間の駆け引きが、熾烈を極めようとしている。

政治新着記事

» もっと見る

麻生財務相vs二階幹事長 熾烈を極めるポスト安倍「鉄砲玉」

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP