葉加瀬マイ 2018年11月29日号

【言葉】あの有名なシンボルはただの不動産広告

掲載日時 2018年09月10日 12時30分 [エンタメ]

【言葉】あの有名なシンボルはただの不動産広告

 カリフォルニア州のロサンゼルス市にある超有名な“ハリウッド”地区。世界最大の映画産業地域で、数多くの映画関係者が集っている映画の街。また昨今では高級住宅地としてもその名をはせ、数多くのスターがこの地に屋敷を構えていることでも知られている。

 ハリウッドという言葉を聞いて一番に思い浮かぶのは、丘陵に設置された「HOLLYWOOD」の白いロゴ看板だろう。実はこのロゴ看板、当初は不動産広告として設置されたもので、かつては「HOLLYWOODLAND」となっていた。今から約100年前に、不動産業を営む女性が住宅地として売り出した場所こそが、ハリウッドランドだったのだ。つまり、日本でいう多摩ニュータウンや、ユーカリが丘などと同じである。

 しかし、いつしか映画産業が盛んな地域として発展し、世界中にその名を知られる頃には、看板の「LAND」部分が劣化して見えなくなっていた。そこで1979年に新しいものと建て替えられ、現在の看板ロゴとなったのだ。ちなみにその建て替え費用は、ハリウッドの映画関係者らがお金を出し合って捻出したという。これ以降「HOLLYWOOD」という白い看板ロゴは、名実ともに映画のシンボルとなった。

 今ではハリウッドスターの自宅も数多くあり、セレブの豪邸見学ツアーなども組まれるようになった反面、世界一パパラッチが多く潜む住宅地となり、一般人が住む場所ではなくなっている。何にせよ最初に新興住宅地として売り出した女性は、予想を越えた発展に天国でビックリしているに違いない。

エンタメ新着記事

» もっと見る

【言葉】あの有名なシンボルはただの不動産広告

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP