美音咲月 2019年7月25日号

おニャン子クラブ黒歴史未成年喫煙写真流出で欠番となったメンバーたち

掲載日時 2019年04月29日 21時30分 [芸能]

 AKB48やモーニング娘。など美少女ユニットのルーツが、80年代に一世を風靡したおニャン子クラブだ。おニャン子クラブはフジテレビが放送した夕方の帯バラエティ、『夕やけニャンニャン』が生んだアイドルで、同番組は85年4月1日、コカコーラをメインスポンサーに放送開始された。ところが開始3週後の4月18日、番組の存続を脅かす驚くべきスキャンダルに見舞われる。

 同日発売の『週刊文春』がグラビア記事でおニャン子クラブ数名が喫茶店で喫煙している写真を見開きで大きく掲載したのだ。同誌はタレントとはいえ女子高生が喫煙するとは許しがたいと厳しい論調で叩いている。写真に写っていたのは会員番号1番・奥田美香、3番・吉野佳代子、6番・樹原亜紀、7番・友田麻美子、10番・佐藤真由美。さらに後の事情聴取で素行不良が判明した2番・榎田道子の6名が謹慎を命じられ、うち5名が番組をクビになったが、樹原亜紀だけはクビにならずレコードデビューできたのは、彼女の父がフジテレビと取引先企業の社長だったからとの説がある。

 この喫煙事件によってメインスポンサーのコカコーラは撤退、番組は打ち切りの危機に直面する。しかしスタッフはスポンサー降板を逆手にとり、女子高生の不良性やハレンチさを前面に出した野放しな内容に軌道修正。テーマソングとなった「セーラー服を脱がさないで」は“エッチをしたいけど〜”との卑猥な歌詞で大ヒットしたが、これもスポンサー降板後に作られている。ヤケクソとも思えるハレンチ番組志向が逆効果となり番組の視聴率は一気に上昇する。「夕やけニャンニャン」は喫煙事件のスキャンダルが生み出した番組なのだ。

 この「夕やけニャンニャン」の構成作家をしていたのがAKB48の生みの親・秋元康である。ハレンチ路線は秋元の趣味で、彼は番組出演者に手を出すというタブーを犯し、おニャン子クラブ会員番号16番の高井麻巳子と結婚した。また、おニャン子のレコードを多数手がけた作曲家の後藤次利も、会員番号12番の河合その子と結婚している。彼らが出会ったとき、メンバーは女子高生であり、ゴールインした秋元や後藤、他のスタッフも表面化しない部分でオイシイ思いをしていたのだろう。

 ちなみに、喫煙事件でクビになった会員番号1番の奥田美香は、その後に雑誌でヌードを披露し、インタビュー記事で「みんなCまでいってるけど、そんなの当然じゃないの」と、おニャン子の性の乱れを暴露した。

関連タグ:昭和芸能


芸能新着記事

» もっと見る

おニャン子クラブ黒歴史未成年喫煙写真流出で欠番となったメンバーたち

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP