森咲智美 2018年11月22日号

被害者にセンズリを見せただけで懲役6年を喰らったドジレイプ犯(3)

掲載日時 2018年03月26日 23時00分 [事件] / 掲載号 2018年3月29日号

 その機会は1カ月半後にやって来た。平井はまたも刺激的なミニスカート姿で深夜に一人歩きをしている吉村美香さん(35)を見つけた。平井はマスクで顔を隠し、自宅とみられるマンションに入って行こうとしている美香さんの背後から抱き付き、首筋にナイフを突き付けた。
 「静かにしろ!」
 「ヒィーッ!」
 平井はそのままの体勢でマンションの駐輪場へと移動させた。とにかく相手に考えるヒマを与えてはダメだということを痛感していたので、いきなりズボンを脱いでペニスを突き付け、「舐めろ!」と命令した。

 「おい、そこで何をしてるんだ!」
 あまりにも絶妙なタイミングで男性が現れた。それは美香さんの夫だった。美香さんはオートロックを開けてもらおうと、部屋番号を押した直後に平井に襲われ、何の応答もしなくなったのを不審に思った美香さんの夫がエントランスまで下りてきたのだった。

 「ちくしょう!」
 平井はヤケクソになり、美香さんを突き飛ばし、美香さんが持っていたショルダーバッグを奪った。
 「おい、ちょっと待て!」
 平井は美香さんの夫に追い掛けられ、途中で捕まった。ズボンやトランクスが下がった状態で走っていたのだから、当然だった。

 「すみません。金が欲しかっただけなんです…」
 「あ? 下半身丸出しにしてか? ふざけんなよ、てめえ!」
 さらに美香さんの夫の怒りを買い、平井はボコボコにされ、まもなく駆け付けた警察官に引き渡された。
 だが、それでも平井は「金が欲しかっただけ」と言い張り、わいせつ目的であったことはかたくなに否認した。しかし、余罪の取り調べ中に暁子さんに対する事件が発覚。暁子さんから事件の全貌を聴取するに至り、犯行前後の言動から強姦する意思を有していたと見なされ、強姦致傷容疑で再逮捕された。

 「強姦目的じゃない。被害者の生足を見てムラムラしたので、パンティーを奪おうとしただけ」
 こんな言い訳をしたため、強盗致傷事件としても立件されることになった。結局、美香さんに対する強制わいせつ致傷罪と強盗未遂罪でも起訴され、計4つの罪に問われることになった。
 結果的に平井は暁子さんに自慰行為を見せただけなのに、「被害者はそれぞれ全治9日間の腰部挫傷や全治2週間の左肘打撲などのケガを負わされている上、現在も精神科に通うなど、多大な精神的、肉体的苦痛を被っている」として、懲役6年の実刑判決を言い渡された。

 必ずしもやった“分量”に見合う量刑が言い渡されるわけではないのだ。被害者を押し倒して、ケガを負わせたり、精神的な苦痛を与えれば、厳罰が待っている。
(文中の登場人物はすべて仮名です)

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書

事件新着記事

» もっと見る

被害者にセンズリを見せただけで懲役6年を喰らったドジレイプ犯(3)

Close

WJガール

▲ PAGE TOP