『渡る世間は鬼ばかり』脚本家・橋田氏激怒でえなりかずき“永久追放”の危機

芸能・2019/11/04 12:00 / 掲載号 2019年11月7日号

 国民的ドラマシリーズ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)の名子役としてブレークした俳優のえなりかずきが、同ドラマから“永久追放の危機”に瀕している。同番組の脚本家・橋田壽賀子氏が、去る10月3日発売の『週刊文春』にて、えなりが同ドラマ主演の泉ピン子と共演NGを出したことを暴露し、「そういう申し出すること自体、私は頭に来るのよ」などと、えなりへの怒りをあらわにしているのだ。

 ただ、えなりが共演NGにした理由は、ピン子による“イジメ”が原因だというから穏やかではない。
「ピン子さんの共演者イジメは、NHKの朝ドラ『おしん』でブレークしたころから有名でした。渡鬼でもえなり君に対して厳しく当たったり、収録の合間に肩を揉ませるなどを強要していましたからね」(出演者のマネジャー)

 イジメに遭ったのは、えなりだけではない。
「えなり君のマネジャーの母親に当たり散らしたり、立場上、断れないことをいいことに、自分が所有するシャネルを安く買わせたりしています。それを見て育ったえなり君が、ピン子さんに嫌悪感を示すのは当然でしょう」(元事務所関係者)

 一方、ピン子はイジメを否定しているという。
「橋田さんがピン子さんに聞いたら“イジメた覚えは全くない”と答えたようです。ピン子さんは上の人に取り入るのはうまいですからね。橋田さんはピン子さんの言うことを鵜呑みにしてしまったようです」(元ドラマスタッフ)

 2人の共演シーンは、2015年の渡鬼特番を最後になくなっている。
「今年の9月に放送された特番では、えなりは大阪に出張しているという設定で、出演すらしていません。渡鬼では、以前もレギュラーの役者さんが急に出演しなくなることや、ドラマ内で死亡扱いになっていたケースがありました。橋田さんは『私は嫌いな役者は作中で出張させたり、死なせたりします』と言っていたので、同じケースではないかと思われます」(同・スタッフ)

 えなりが復活することを願うばかりだが…。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事