林ゆめ 2018年12月6日号

夏のおっぱい芸能美女「姉妹どんぶり」妄想SEX14組(2)

掲載日時 2018年07月21日 20時00分 [官能] / 掲載号 2018年7月26日号

夏のおっぱい芸能美女「姉妹どんぶり」妄想SEX14組(2)

 そして、こちらもハズせないのは、泉&星の森姉妹。世界的デザイナー・森英恵の孫という超セレブな家柄であり、ともに170センチを超える長身でモデルとしても活躍。その美貌と、浮世離れした天然ぶりはタレント性も十分で、バラエティー番組にも引っ張りだこという。そんな生まれついての美の勝ち組と言える2人だけに、世の男たちの格好のエロターゲットとなっているのだ。
 「姉の泉には、とびっ子バイブを仕込んで表参道の行きつけのブランドショップに行かせるんだ。馴染みの店員が寄ってきたところでスイッチオン。身をよじらせる泉に店員が怪訝な顔をしたりして、あのセレブ顔が羞恥に染まるのを見てみたいね。その後、表参道に止めたワンボックスの中でグッショリ&ポカポカになったアソコをじっくり観察。先っぽをあてがうだけで、ヌルッと飲み込むようにチン棒を受け入れてしまう、キンチャク名器なんだろうな」(同)

 キュートな妹・星は、かつて堺正章の『新チューボーですよ!』(TBS系)のアシスタントを務めたオヤジキラー。
 「裸エプロン姿で仁王立ちフェラ。そのままお口にブチまけてゴックンさせて、“今日もオイしい。星3つです”なんて言わせたいよ」(58歳=電気工事)

 言いなりでどんなプレイにも応じる森姉妹、確かにこれ以上エロいものはない。
 「泉は、結婚して第一子を出産したばかりだけど、実は結婚前からオレとはずっとカラダの関係があってさ。出産後も定期的に調教されるために通ってきては、ムチで打たれ、縛られて吊るされて、また家庭に帰っていくんだよ。出産のニュースをテレビで聞いた時、そんな妄想をして、1人リビングで勃起していたよ」(45歳=専門学校教師)

 そして忘れてはならない、舞&真央の浅田姉妹も、このところエッチなアピールが加速中。雑誌『GQ JAPAN』の表紙とグラビアに揃って登場し、姉の舞ばかりか、我らが真央ちゃんまでも、大人っぽいメークに露出度高めの服で胸の谷間を大サービス。エロ妄想するなと言っても無理というものだ。
 「フィギュア選手として、妹の真央が成績では圧倒していますが、女の色気という点では、グラビア活動も好評なF乳ボディーの舞に軍配が上がります。実際、男性関係もこれといったニュースのない真央に対し、舞は森進一の息子で『ONE OK ROCK』のボーカル・Takaとの熱愛も囁かれる奔放さですからね」(スポーツ紙フィギュア担当記者)

 そんな2人は、“やはり、まとめて面倒を見てヤルのがいい”という声が多く寄せられている。
 「まずは男に慣れた舞との濃厚なSEXを真央ちゃんに見せつけてやるんだよ。潮を吹き上げる姉の姿を目の当たりにし、“舞ばっかりズルい”と、たまらず自分でアソコを弄り出す真央ちゃんに、織田信成似の男優をあてがってみたりして(笑)。最初は少し抵抗を見せるものの、アソコに舌をねじ込まれたら、理性崩壊。そんな真央の姿を見て、舞も、はしたなくイキ果てるんだろうね。最高の姉妹だよ」(38歳=スーパー店員)

 また、2人の特徴を生かしたこんな楽しみ方の提案もあった。
 「巨乳の舞と、実は巨尻の真央ちゃん。タイプの違う2人の姉妹レズを眺めながら、高級ディナーに舌鼓。デザート代わりの全裸フィギュアペアダンスを見せてくれるディナーショーで全国を回ったら、あっという間にひと財産築けそう」(49歳=スポーツ紙デスク)

 アスリート姉妹では、2月の平昌五輪でともにメダルを獲得した、スピードスケートの菜那&美帆の高木姉妹も注目だ。
 「あの2人のたくましい太ももに、実はよこしまな眼差しを向けていたお父さんは少なくないでしょう。もちろん、私もその1人。姉の菜那ちゃんに、首4の字固めて締め上げられたら、気持ちよく昇天できそうです。妹の美帆には、顔を股間に埋めながらの“全裸三角締め”で落とされたい」(50歳=消防士)

 こんな変態プレイばかりでなく、ノーマルにあの肉体を楽しみたいという声も。
 「あの太ももだからね。まさに万力ならぬ“マン力”の締め付けはたまらないものがありそうです。特に女性のアソコが締まりやすいバックでいたそうものなら、痛いほどに締め付けてくるんだろうね。負けん気の強い妹の美帆の三段締めはすごそう」(60歳=管理職)

関連タグ:姉妹どんぶり


官能新着記事

» もっと見る

夏のおっぱい芸能美女「姉妹どんぶり」妄想SEX14組(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP