鈴木ふみ奈 2018年11月1日号

死闘! 沖縄県知事選 安室奈美恵vs小泉進次郎「代理戦争」①

掲載日時 2018年09月23日 18時00分 [政治] / 掲載号 2018年9月27日号

死闘! 沖縄県知事選 安室奈美恵vs小泉進次郎「代理戦争」①
安室奈美恵

 自公候補と野党候補が事実上の一騎打ちとなった沖縄県知事選(9月30日投開票)が、ここにきて大物タレントや著名政治家をキーマンとして巻き込み、一段とヒートアップ、死闘と化しつつある。

 今回の沖縄県知事選は翁長雄志氏の急逝を受け、自公推薦候補の佐喜真淳氏(54、前宜野湾市長)と野党、オール沖縄(沖縄約20団体の米軍基地辺野古移設反対統一運動会議)が推す玉城デニー氏(58、前衆院議員)が出馬した。両陣営の死闘を全国紙記者が解説する。
「安倍首相の総裁3選は間違いない。だが、沖縄で負けると『ヘタレ安倍で来年の参院選や統一地方選を戦えるのか』と地方の自民党支持者からの突き上げは必至。また、野党県知事誕生では米軍基地辺野古移転がスムーズにいかず、トランプ大統領はいらだちを強め、安倍切りに走る。要は沖縄敗戦は安倍政権の終わり。逆に安倍が勝てば、ジリ貧野党は追い込まれ、霧散解党の運命が待ち受けている。ゆえに沖縄は双方とも死闘選挙になる」

 そんな選挙のキーマンの1人として浮上しているのが、沖縄が生んだ国民的シンガーの安室奈美恵(40)。彼女の動向が注目される中、両陣営が「安室忖度合戦」を強めているというのだ。夕刊紙記者が明かす。
「安室さんは9月で引退することを宣言している。5月には、沖縄県に対する貢献度で生前の翁長知事から県民栄誉賞を授与された。それから3カ月で翁長知事が急逝、安室さんはHPで追悼コメントを書き、ネットやマスコミで大いに話題となったのです」

 8月9日、安室は翁長知事死去に次のようなコメントを発表した。
「沖縄の事を考え、沖縄の為に尽くしてこられた知事のご遺志がこの先も受け継がれ、これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております」

 つまり、翁長知事が命を懸けた普天間基地の辺野古移設反対の意思が受け継がれることを切に願い、応援しているようにも受け取れる。当然、士気が上がるのは玉城氏支持陣営だ。
「大手マスコミの一部は安室さんの追悼文の肝心な部分をカットしました。そのためマスコミが自主規制で安倍首相に媚びを売っている、と沖縄では批判のタネになった。でも、沖縄の人は安室メッセージをみんな知っていますよ」(沖縄県内の市議)

 安室は9月16日を引退日として、前日の15日には普天間基地を抱える宜野湾市で開催される音楽ライブにラスト出演する。
「ライブや選挙期間中、安室さんが翁長前知事にシンパシーを抱く発信をしたら、デニーにはそれこそ追い風。もっとも、急逝直後の安室HPコメントのみでもデニー側は『我々への強力メッセージ』と拡散中。そんなデニー側の戦略に自民は戦々恐々です」(同)

 しかし、自民党関係者は「安室さんの翁長急逝直後のHPメッセージは一般的な謝意を述べただけ。それで翁長、玉城候補寄りというのは基地移転反対派の都合のいい解釈で、安室さんも迷惑しているのでは」とあまり意に介していないが、別の自民党関係者は危機感を募らせ「安室コメントは気になる。それを払拭する意味でも、沖縄でも大人気の進次郎を現地に何度も投入する」と力説する。

 小泉進次郎氏(37)の脅威は、デニー氏を支援する側も認めるところだ。

関連タグ:小泉進次郎 安室奈美恵

政治新着記事

» もっと見る

死闘! 沖縄県知事選 安室奈美恵vs小泉進次郎「代理戦争」①

Close

▲ PAGE TOP