広末涼子 実は全裸シーンも撮影済み…ドラマ撮影裏の“エロ仕掛け”

芸能・2019/09/17 12:10 / 掲載号 2019年9月19日号
広末涼子 実は全裸シーンも撮影済み…ドラマ撮影裏の“エロ仕掛け”

広末涼子

閉じる

 日本テレビが局を挙げて勝負をかける10月期の連ドラ『ニッポンノワール―刑事Yの反乱―』で、広末涼子(39)が、ヒロインを務める冒頭からいきなり“遺体”として登場するショッキングな役柄を演じることが発表され、波紋が広がっている。

 「同ドラマは賀来賢人が刑事役で主演し、近年、話題作を連発し注目を浴びている日テレ『日曜22時半枠』で放送されます。そんな、勝負枠のヒロインを受けたのだから、広末も覚悟が決まっているはず。広末は賀来の上司にあたる警視庁捜査一課の女刑事役なのですが、初回の冒頭から、殺害された遺体で登場するという、極めて異例な形での出演になるのです」(放送記者)

 最初から遺体での“出演”になるため、その後、広末は回想シーンの中での登場になる見込み。そうした中、本誌取材班は、広末の遺体シーンで一気に視聴率をとるための“エロ仕掛け”がなされる可能性があるとの情報をキャッチした。

 「実は広末、いくつかのパターンの“遺体シーン”を撮影していると噂されています。衣服を着ているパターンもあるのですが、日テレが勝負をかける注目枠で最大のインパクトを初回から出す必要もあり、なんと“全裸遺体シーン”を撮影済みと言われているのです。当然、“お蔵入り”が濃厚ですが、広末は、現場ではEカップ美巨乳にピンク色の乳首、セクシーな美尻、そしてヘアも丸出しというプロ根性を見せつつ撮影にのぞんだとか。万が一、全裸遺体バージョンが放送されたら、視聴率は初回から爆発するでしょうね」(同)

 今回、広末が難役を買って出た背景には、来年7月に迎える40歳誕生日の節目に狙う、衝撃の“サプライズ計画”が見え隠れしているというのだ。

 「広末は2006年、キャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏と再婚。前夫との子と合わせ3児の母ですが、周囲に“40歳になったらケジメとして脱ぎたい”と、強いヌード披露願望を明かしているのです。10代から清純派として売り出されてきたことへの、強烈な反動でしょうね。今回、遺体役を引き受けたのは、40歳記念に仕掛けるヌード写真集につなげる布石だと思われます」(芸能記者)

 来夏といえば、東京五輪開催で日本中が盛り上がる時期。そのタイミングで世に放つヌードが、単なる裸で終わるはずがない。

 「すでに広末の誕生日と東京五輪開催を意識した時期のサプライズ写真集発売計画が、一部出版関係者と広末サイドで極秘に進んでいるようです。広末のヘアは“栗色”と言われ、茶褐色で光沢があるのです。中途半端を嫌う彼女のこと、ヌードになるとしたら、ヘアまで全開にすることは確実。40歳にして欧米の少女のような“栗色ヘアヌード”を公開したら、女優として再ブレークは確実ですよ。事務所の後輩である有村架純、戸田恵梨香をぶっ潰すくらいのインパクトになること必至です」(芸能プロ幹部)

 割れた栗の形は女性の性器を連想させるが、アンダーヘアも“栗毛”とはなんともいやらしい!

関連記事
芸能新着記事