RaMu 2018年12月27日号

惜しまれる急逝…大杉漣さん、主演映画の撮影予定だった

掲載日時 2018年03月07日 14時51分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

 先月21日に急性心不全のため急逝した俳優・大杉漣さん(享年66)が、来夏公開予定の映画「お母さんの被爆ピアノ(仮)」で主演を務める予定だったことを、一部スポーツ紙が報じている。

 記事によると、大杉さんにとって主演映画は08年公開の「ネコナデ」以来、11年ぶりの主演映画となるはず。広島で被爆したピアノを使って全国でコンサートを行っている、ピアノ調律師の活動を描くものだったという。

 五藤利弘監督がメガホンをとり、大杉さんの主演で、今夏のクランクインを予定。

 映画製作のきっかけは、09年にフジテレビ系ドキュメンタリー番組「NONFIX(ノンフィックス)」で放送された、「私は…被爆ピアノです」を、五藤監督が手がけたこと。

 映画化を決意し、旧知の大杉さんに主演を依頼したところ、大杉さんも同番組を見ており、快諾したというのだ。

 すでに代役も決定しており、撮影は当初の計画のまま今夏にクランクイン。来夏に公開するという。

「大杉さんは独特の味があるので、なかなか代役を引き受けるのも難しいのでは。それでも、大杉さんと何度か仕事をこなした俳優ならば、しっかりと大杉さんの“遺志”を継いで撮影に臨むことができそうだ」(芸能記者)

 各スポーツ紙によると、日本テレビの4月改編説明会が6日、都内で行われ、大杉さんが出演予定だった、吉高由里子主演の4月スタートのドラマ「正義のセ」の代役が未定であることが説明されたという。

 また、大杉さんがレギュラー出演していた「ぐるぐるナインティナイン」の人気企画「グルメチキンレース・ゴチになります!」の後任についても、同局は検討中と説明したという。

 大杉さんの遺作となった、テレビ東京系のドラマ「バイプレイヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」の最終回は7日夜に放送される。

関連記事
「名脇役」忙しすぎる? 高齢俳優のスケジュール管理を芸能\事務所が徹底見直しか
たけしの破天荒な映画監督伝説 大杉漣さんなど多くの大物が魅了されてきた
駆け抜けるように逝ってしまった 大杉漣さんの家族が心境を吐露
視聴者もらい泣き…ビートたけしが涙で大杉漣さんを追悼 強い絆とエピソ\ード
大杉漣急逝で大混乱のドラマ・映画業界…相棒、ゴチなどの今後は

芸能新着記事

» もっと見る

惜しまれる急逝…大杉漣さん、主演映画の撮影予定だった

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP