菜乃花 2018年10月04日号

関ジャニ横山と別れられない水卜麻美アナがフリー転身へ

掲載日時 2016年08月03日 12時00分 [女子アナ] / 掲載号 2016年8月11日号

 日本テレビの看板アナとして絶大な人気を誇る水卜麻美アナ(29)が、ついにフリー転身の準備を始めたという。
 「実は水卜は、昨年12月にも一度、退社を局に申し出ていたのですが、その時は日テレ上層部の説得でどうにか収まった。しかし、今回は本気ですね。話し合いの結果、来年3月一杯までの在籍ということで調整が行われているんです」(日テレ関係者)

 二度目とはいえ、なぜこのタイミングでフリー転身を決めたのか。いの一番に出てくる理由が、昨年7月に発覚した関ジャニ∞・横山裕(35)との熱愛発覚だ。
 「一部の報道では、周囲のプレッシャーに耐え切れず横山と別れたと報じられていますが、真実は違う。いまでも愛を育み、いずれは結婚することも視野に入れ交際を続けているんです。双方の親にも紹介済みで、家族公認の仲ですよ」(芸能関係者)

 この証言が事実であれば、水卜アナを待ち受けるのは目を覆いたくなるような地獄だ。
 「SMAP人気が衰える中、ジャニーズ事務所は関ジャニ∞を中心とした戦略を築こうとしている。当然ながら恋愛はご法度で、相手がテレビ局の女子アナなど絶対にありえないこと。現在は別れることを条件に、水卜アナを不問にしているんです」(大手芸能事務所関係者)

 そのため、今も表向きは交際をヒタ隠しにしている水卜アナ。しかし、局上層部やジャニーズサイド、メディアの監視で我慢の限界に達し、散々悩んだ結果、今が旬である売り時にすべてを賭けたというのだ。
 「フリーになれば、少なくとも日テレの監視は避けられる。もし、再び熱愛が露見しても、前回の発覚で身を挺してかばってくれた横山を彼女は信頼しきっていますからね。加えて、現在900万円弱の年収は、フリーになれば軽く3〜5倍に膨れ上がる。そんな中、転身先として宮根誠司が役員を務め、日テレOBの羽鳥慎一所属の事務所が有力との話もあるんです」(同)

 水卜アナの選択は、どのような結果を導くのか。

女子アナ新着記事

» もっと見る

関ジャニ横山と別れられない水卜麻美アナがフリー転身へ

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP