安藤優子キャスターの“リストラ”が他人事ではなくなったカトパン

芸能・2020/07/10 20:00
安藤優子キャスターの“リストラ”が他人事ではなくなったカトパン

画像はイメージです

閉じる

 フリーキャスター・安藤優子(61)と俳優の高橋克実(59)がメインキャスターを務めるフジテレビ系情報番組「直撃LIVE グッディ!」が、9月いっぱいで終了することが一部スポーツ紙で報じられ、同局は9日、詳細は伏せたものの番組の終了は認めた。

 各紙によると、終了後は、俳優の坂上忍(53)がMCを務める情報トークバラエティー「バイキング」が、3時間の生放送に拡大。

 現在は午後1時45分までの放送だが、午後2時45分まで放送枠を伸ばし、ドラマの再放送枠を挟んで、報道番組「Live News it!」へとリレーする形になるというのだ。

「フジで30年以上に渡ってキャスターをつとめて来た安藤氏だが、現在のギャラは大幅に下がって1本50万と言われている。しかし、フジは新型コロナの影響で営業収益が昨年比の6割ほどに落ち込み、秋の改編ではコストカットが最大の課題。そのため、安藤氏の“リストラ”が断行されてしまったようだ」(テレビ局関係者)

 このことは、「Live-」でキャスターをつとめるカトパンこと加藤綾子アナ(35)にとって、決して他人事ではなくなってしまったようだ。

「加藤アナのギャラは、安藤氏の倍の1本100万円と言われているが、相変わらず視聴率は低迷。加藤アナサイドからギャラを下げるくらいでないと、遅くても来春の改編までにはクビを切られることになりそうだ」(同前)

 カトパンも覚悟しておいた方が良さそうだ。

関連記事
芸能新着記事