竹内由恵を襲ったHな放送事故

芸能・2014/10/06 20:00 / 掲載号 2014年10月16日号

 放送中からネット上は「放送事故キタ〜」と大騒ぎ。「彼女のサービス精神と、番組スタッフのイタズラ心に拍手を送りたいですね」(テレビ雑誌記者)と、大絶賛の嵐となっているのは、9月14日に放送された『ゴン中山&ザキヤマのキリトルTV』(テレビ朝日系)。番組進行を務めた竹内由恵アナ(28)が、走りながら紙コップの水を飲むマラソンの給水実験を行ったのだが、これが実にエッチだったというのだ。
 「竹内アナは、下に着ているタンクトップが透けて見えるほど薄いスポーツ用Tシャツを着こなし、推定Cカップのおっぱいラインが丸わかり。そんな姿で走り出すものだから、バストが小気味よく揺れまくっていたんです」(芸能記者)

 さらにである。
 「走りながら紙コップの水を飲もうとするのですが、手元が安定せず水をこぼしまくり。気がつけばTシャツの胸元がビショビショになって身体に張り付き、胸の稜線をさらに浮き上がらせてしまったんです」(同)
 竹内アナは恥ずかしそうに胸元を押さえ笑っていたが「その口元はヌレヌレ。まるで顔射に悦ぶAV女優のようで、たまりませんでした」(同)というのである。

 竹内アナといえば、福山雅治や巨人の片岡治大内野手らと浮き名を流し、8月にはイケメン電通マンとの熱愛が報じられたばかり。そのモテ女ぶりにはこの放送事故で見せた、サービス精神があったればこそとの声が飛んでいるのだ。
 「酒席でも彼女は他の人のグラスが空くと、店員を呼んだり水割りを作ったりと甲斐甲斐しい。それでいて、男の自慢話も笑顔で聞いてくれる。男たちは気付くと彼女にデレデレになっているんです」(番組関係者)

 その献身サービスで、次はどんなエロシーンを見せてくれるのやら。

関連記事
芸能新着記事