葉加瀬マイ 2018年11月29日号

『24時間テレビ』トライアスロン走破で掴んだ みやぞんに約束される芸能界の明るい未来

掲載日時 2018年09月15日 22時00分 [芸能] / 掲載号 2018年9月20日号

 バラエティータレントとして活躍する、『ANZEN漫才』みやぞん(33)の快進撃が止まらない!

 8月25〜26日にかけて放送された毎年恒例の日本テレビ系『24時間テレビ41 愛は地球を救う』で、みやぞんが番組史上初となるトライアスロン形式に挑戦し、スイム1.55キロ、バイク60.4キロ、ラン100キロを見事、走破した。日本武道館にゴールした瞬間の最高視聴率は34.7%。当初、掟破りのトライアスロン形式を強行したことで視聴率が心配されたものの、想定外の高視聴率を獲得したのだ。

 今回、初のトライアスロンを制し、結果を残したみやぞんには、芸能人として明るい未来が約束されている。約1年間に渡り、日テレの手厚いサポートを受けられるからだ。

 「目に見えて増えるのはギャラですね。今回の『24時間テレビ』のギャラ(4カ月拘束)は約1100万円〜。本来なら800万円弱がいいところですが、所属事務所が3種競技にチャレンジすることで、通常のマラソンランナーとは違う練習量にギャラアップを要求し、この金額で落ち着いたんです。ちなみに、みやぞんがレギュラーを務める『世界の果てまでイッテQ!』はスタジオゲストで1本10万円〜。海外ロケの場合は、1日当たり約5万円のギャラ。だが、今後は『イッテQ!』はもちろん、日テレ以外のゴールデン&プライム帯でも露出が激増し、ギャラ査定もスタジオで1本30万円〜、海外ロケで1日10万円〜にアップするのは間違いない。秋から春にかけてレギュラーも増え、ランナーは半ば強制的にバラエティー番組への優先出演が実行されるんです。また、日テレ制作のドラマや映画からもオファーが殺到するので、1年後には、日テレだけで数千万円以上のギャラを手にすることになるのではないか。当然、CMオファーも、たくさん来ますよ」(芸能関係者)

 加えて、みやぞんの悲願とも言うべき番組MCの座が手に入るかもしれない。
「深夜帯ですが、すでに来年4月から放送の音楽番組が検討されているそうです。評判次第では、バラエティー番組など、MCの可能性も広がります」(同)

 日テレがみやぞんを厚遇した結果、タレントとして、さらなる相乗効果が生み出されるという。
「視聴率№1の日テレに露出し続けることで、他局から注目されるのは当然。また、好感度がアップしCMが増えれば、企業イベントからもお呼びが掛かるようになる。ランナーは本当に大変ですが、バカ売れしてから天狗になったり、カン違いでもしない限り、芸能生活は安泰なんです」(芸能事情通)

 みやぞん人気の本格到来はこれからが本番のようだ。

関連タグ:芸能マル秘報告

芸能新着記事

» もっと見る

『24時間テレビ』トライアスロン走破で掴んだ みやぞんに約束される芸能界の明るい未来

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP