美音咲月 2019年7月25日号

畠山鈴香〜秋田児童連続殺害事件

掲載日時 2019年05月12日 22時00分 [事件]

畠山鈴香〜秋田児童連続殺害事件
画像はイメージです

 2006年4月9日、秋田県で小学4年生の少女(当時9歳)が行方不明となり、3日後に自宅から10キロ離れた川の下流で遺体となって発見された。その約1カ月後の5月17日、同じ町内に住む小学1年生の男児(7歳)がいなくなり、翌日、市道脇で遺体で見つかった。今度は首に絞められたような跡があることから警察は殺人事件として捜査を開始した。

 そして6月5日、捜査本部は水死した少女の母親である畠山鈴香(33歳)を逮捕した。家宅捜索で鈴香の自宅から男児の血痕等が見つかり、鈴香が犯行を自供。さらに7月には自分の娘も殺害したことを認めた。

 裁判で鈴香は、犯行の動機を「娘とどう接してよいかわからず、連れ出して橋の欄干から突き落とした。娘が天国で寂しくないように、日頃から仲良くしていた男児を呼び寄せ、自宅でロープで絞め殺した」などと話した。

 2008年3月、秋田地裁は鈴香に無期懲役の判決を下し、09年5月に鈴香の無期が確定した。

関連タグ:鬼畜殺人


事件新着記事

» もっと見る

畠山鈴香〜秋田児童連続殺害事件

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP