巨人 菅野智之2020年オフ「入札」でチーム崩壊

スポーツ・2019/12/12 18:00 / 掲載号 2019年12月19日号
巨人 菅野智之2020年オフ「入札」でチーム崩壊

画像はイメージです

閉じる

 歴史的な方向転換だ。巨人が今オフ、山口俊(32)のポスティングシステムを使ってのメジャー挑戦を認めた背景には、やはりエース・菅野智之(30)の「メジャー挑戦願望」があった。

「海外FA権を行使しての挑戦であれば認めざるを得ないというのが、これまでの巨人の考え方でした。その基本方針は変わりません。でも、山口のように最多勝利、最多奪三振、勝率1位と“投手三冠”に輝くなど、チームに大きく貢献した選手には、これからは認めていくことになったようです」(球界関係者)

 DeNAに所属していた山口は’16年オフにFA宣言した。巨人の球団幹部とはその交渉中から、「将来の米球界挑戦」が語られていたという。しかし、今回は単にその約束が果たされたのではない。「チームの優勝に貢献してくれた」と巨人側が認め、応援する気持ちに変わったのだ。

「11月27日のオーナー会議でも話題になっていました。これでポスティングを認めていない球団はソフトバンクだけ。こちらは千賀滉大を巡る波乱も起こりそうです」(ベテラン記者)

 今季、腰痛で菅野が抜けた穴を見事に埋めたのが山口だった。そんなリーグ優勝の立役者の挑戦を認めるとなれば、来年、菅野が同じような活躍を見せたら「NO」とは言えなくなる。本人も、復活はもちろん、フル回転するだろう。

 また、こんな情報も聞かれた。令和のプロ野球界は、ドラフトとポスティングを“セット”で考えなければならない、と。

「ロッテ・佐々木朗希の指名を思い出してください。あれだけ日本中が大騒ぎとなり、11球団が指名前の面談をやったにもかかわらず、実際に1位で入札したのはパ・リーグの4球団だけでした。この4球団とも、すでにポスティング移籍を経験しているんです」(前出・球界関係者)

 つまり、佐々木は「12球団OK」と表明したが、本当は違ったのだ。将来のメジャーリーグ挑戦を、それも早く応援してくれる球団を熱望したのである。

 このように巨人の方向転換は、時代の流れでもある。
「今オフ、巨人のFA補強の失敗は、情報不足が原因とされています。美馬学、鈴木大地に対してはダメモトで挑戦した感も否めません。ポスティングを認める代わり、今後いっそうFA補強しなければ、常勝チームは作れません」(同)

 今季の巨人で、2桁勝利を挙げたのは山口と菅野だけだ。その山口が抜け、来年には菅野も…。

 巨人は、菅野の後継者育成を急がなければ、チームが崩壊してしまう。原辰徳監督のクビが危ない。

関連記事
関連タグ
スポーツ新着記事