葉加瀬マイ 2018年11月29日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 菊川怜(39) “あげまん度”は結構高め

掲載日時 2017年06月02日 18時00分 [官能] / 掲載号 2017年6月8日号

 今回取り上げるのは、先頃、結婚を発表した、女優でタレントの菊川怜。現在、フジテレビの朝の情報番組『情報プレゼンターとくダネ!』でメーンアシスタントを務めている。
 特徴的だった、反り返り気味の唇(自惚れの強い勝ち気な相で、芸能界向き)が、加齢とともに強く薄く引き締まり、理知的で堅実な相に変化した。また、若い頃は補弼(ほひつ=頬骨と法令線に挟まれた部分)の肉付きがとても豊かで、抜群の人気運を持っていたが、その肉の盛り上がりがやや落ち、人気運に陰りが出始めている。
 もとより、頬骨があまり出ず、仕事よりも家庭向きの女相。加えて、彼女は法令線とは別に口角(唇の両端)のすぐワキにシワが入っていて、これは再婚相ながら、晩婚になるほど凶意が薄れる相だ。
 今回のアラフォー結婚を機に、軸足を芸能活動から家庭にシフトしていくとすると、相学的には、顔相の変化に応じた賢明な選択ということになる。

 彼女はやや丸目で目頭に切れ込みがあり、性愛に機略を持ち込めるタイプ。能動愛の上唇が厚く、自分から仕掛けていく積極性も持つ。額の生え際のラインが乱れているのは悪女相で、(狙いをつけた)男性には蠱惑的な魅力を発揮する。
 反面、眼光に余計な艶や媚がなく、臥蚕(下瞼の睫毛の生えているあたり)の張りも薄めで、唇も厚くない。【淫乱度】としてはさほど高くなく、「2」寄りの「3」。
 金甲(小鼻)の張りがとてもよく、口相に勢いはないものの門歯が大きく、歯列のU字も小さくない。スタミナには恵まれ、【絶倫度】は「4」寄りの「3」。
 眉間が広いのはおおらかで誘惑に乗りやすい相。鼻下が短いのは、男性関係において理性より感性に頼る相。
 一方、鼻筋にやや段差があり、地眉が跳ね上がりの「へ」の字で、気性は強く、抑制のほうが利いていて、【尻軽度】は「2」と低い。
 膣道の断面と一致するとされる、耳の穴の手前にある切れ込みが、狭くはないものの深め。後天的な締まりのよさが現れる、口元の肉付きが薄めながら、唇の締まりはよく、トータルで観て、【名器度】は「2」寄りの「3」。
 下瞼のラインが上がっているのはあげまん相で、豊かな金甲、おとなしめの臥蚕もあげまん要素。前述の眉相がかなり足を引っ張っているものの、【あげまん度】としては「3」で、平成美女では結構高い。

 彼女は素の表情の時、覆舟口(両口角の下がった逆U字形の口。女相では悪相の一つ)になっていることが多く、「辛抱強い努力家」ながら「陰気な現実家」の一面がある。(本人と夫の)運気アップのためにも、口角を上げる習慣をつけることを強くお薦めする。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学


官能新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 菊川怜(39) “あげまん度”は結構高め

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP