中島史恵 2019年6月6日号

本誌独占! 宮沢りえ「離婚ヘアヌード」写真集

掲載日時 2014年11月18日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2014年11月27日号

 宮沢りえ(41)が7年ぶり主演映画『紙の月』(11月15日公開)でAV以上の“エクスタシーセックス”を披露している。撮影現場のラブホテルでもエアセックス腰遣いを披露。二十数年ぶりの裸となる「離婚ヌード写真集」発売が秒読みになってきた−−。

 宮沢は同映画で、池松壮亮演じる大学生と不倫する銀行員役だ。
 「作品の内容も抜群に面白いのですが、注目は宮沢が池松と展開する濃厚ラブシーン。2人で入浴中、池松に背後から全裸愛撫されたり、ラブホのベッドでは池松に無理やり押し倒され、股を開かれ犯されるようにセックス。宮沢は、池松の肉体をむさぼるように抱きしめ、ベロチューをし、腰をふり、ついに首をのけぞらしてエクスタシーに達するのです。並のAVをはるかに超えた官能演技です」(映画ライター)

 かつては激やせが伝えられた宮沢のボディーだが、四十路を迎え、すっかりエロ復活しているようだ。
 「10月25日に行われた東京国際映画祭の会見では、胸の谷間を全開露出したセクシーワンピースで登場し、巨乳健在をアピール。映画関係者らのド肝を抜いた。『紙の月』の濡れ場でも、乳首やお尻のワレメが見える寸前まで露出し、迫真ベッドシーンを展開。豊満なおっぱいに美脚、そして妖艶な腰のクビレなどを見せつけているのです。四十路バディは完成の域」(同)

 11月2日の『紙の月』プレミア試写会では、池松が撮影時における宮沢のエッチなエピソードを暴露した。
 「池松曰く、ラブホでの撮影シーンの際、宮沢はベッドで飛び跳ねるほど大興奮していたというのです。実際、ラブホでの宮沢のテンションはすごかったようで、布団を抱きしめて腰をふったり、パンティーとブラジャーだけの姿でバックでお尻を突き出したり、枕にまたがって騎乗位ポーズをしたり、“エアセックス”を披露するなどノリノリだったとか」(芸能プロ関係者)

 宮沢といえば、すでに国民的人気だった'91年、電撃的初ヘアヌード写真集『サンタフェ』(篠山紀信撮影)を発売。155万部を売り上げた。7年ぶりの映画で手応えを感じたこともあってか、二十数年ぶりとなる「ヘアヌード写真集」話が浮上しているという。
 「すでに複数の出版、映画関係者が、『サンタフェ』と同じ篠山カメラマン撮影という条件で、宮沢サイドとヌード交渉を開始しています。『サンタフェ』時代は健康的なヘアヌードでしたが、41歳の今は、激やせ期間を経て練り上げられた妖艶な大人のフェロモン肢体になっている。宮沢は今の裸体に自信を持っており『きれいなうちにありのままを撮ってもらいたい』と語っているだけに乗り気なようです」(芸能ライター)

 宮沢は'09年、元プロサーファーの実業家と結婚。同年に女児を出産した。しかし'12年から離婚協議中で、まだ結論は出ていない。
 「昨年10月、一部で12歳年下の俳優・小久保寿人との不倫熱愛疑惑が報じられましたが、離婚協議中だけに表立って恋やセックスができず、女としての欲求不満はピークに達している。宮沢の心の中では過去をふっきるように、夫との別れが決まった直後、芸術的裸体を世間に披露する“離婚ヘアヌード”を出す決意を固めているとみられます。『サンタフェ』購入者のほとんどが買うでしょうから、出版史上記録的部数になるのは確実」(同)

 宮沢は、長年二人三脚で歩み、自身の芸能活動をマネジメントしてきた“りえママ”こと光子さんを9月に亡くしたばかり。10月からはタモリと『ヨルタモリ』(フジテレビ)で初のバラエティー番組司会に挑戦するなど、決意を新たに活動を始めたところだ。
 「離婚協議が長引けば長引くほど、女としての性欲が溜まり、宮沢はエロくなっていく。今回『紙の月』で宮沢は第27回東京国際映画祭の最優秀女優賞を獲得し、圧倒的な演技力で公開前から高い評価を得た。宮沢自身、7年ぶりの映画復帰に強い手応えを感じつつ、確実に吹っ切れており、離婚協議も一気に進むとみられます。離婚ヘアヌードが実現するタイミングは、かなり近いとみています」(宮沢に近い関係者)

 155万部超えなるか。

関連タグ:ヘアヌード


芸能新着記事

» もっと見る

本誌独占! 宮沢りえ「離婚ヘアヌード」写真集

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP