フジ新人・堤礼実アナ ハロウィン「金太郎」で喝采 ならば「キンタ…」の扱いもお手の物…との声

芸能・2016/11/09 20:00

 10月29日、東京・お台場でハロウィンイベント『めざまし presents T-SPOOK 〜TOKYO HALLOWEEN PARTY〜』が開催され、大ブレイク中のピコ太郎や私立恵比寿中学、超特急らが出演。
 フジテレビの人気アナウンサーも参加し、この日「金太郎」の仮装で登場していた新人の堤礼実アナ(22)が「かわいすぎる」とネットで評判となっている。

 フジテレビが満を持して採用した女子アナだけに、ビジュアルの方は折り紙付きだ。
 「4月に入社した民放アナの中では、トップクラスでしょう。可愛いというより、鼻筋が通って目力がある美人系。昨年入社し、人気者となった宮司愛海アナ(25)の童顔アイドル系とは、また違った魅力があるんです」(テレビ関係者)

 堤アナは10月より、朝の情報番組『めざましテレビ アクア』にレギュラー出演中。1年先輩の小澤陽子アナ(25)を同番組から追い落としての登場となった。
 「フジの女子アナでは『めざましテレビ アクア』の後に放送される『めざましテレビ』に昇格するのが出世の条件と言われています。小澤アナは両番組を降板。堤アナが来年『めざましテレビ』に昇格するのは確実とされているだけに、彼女は戦力外ということ。最終日に、『みなさん、お世話になりました』と涙した小澤アナにとっては入社1年半だけに、とても残酷な人事です」(同)

 小澤アナが、強姦問題で世間を騒がせている「ミス慶応」出身ということも響いたのかは定かではないが、大妻女子大卒業の堤アナの評価が高かったのは事実。
 「堤アナは、大学時代から学生キャスターをやっていて、そのまま入社。だからテレビ慣れしているんです。ただ、淡々と話すのはいいが、どこか上から目線なのが気になります。いわゆる、初々しさを失った社歴5年というイメージでしょうか」(女子アナライター)

 そんな中、彼女の美貌を巡ってネット上である騒ぎが起こっている。それは化粧が濃いということだ。
 「局内でも、早くも“キャバ実ちゃん”と呼ばれているとか。新宿の高級キャバの売れっ子のようで、近寄り難さを自ら演出しているようなメークだというんです。あるテレビ番組の企画で発覚したのですが、彼女は大学時代にカフェでアルバイトをしていたことがあり、そのときの常連に、タレントのハリー杉山がいたそうです。当時、学生だった堤アナにハリーが交際を申し込むと、『彼氏がいます』と一言でお断り。優しそうな顔立ちとは裏腹に、ズバズバとした物言いとキャバメークを考えると、実は相当なドS気質なのかもしれませんね」(同)

 堤アナは2016年のフジ入社前から、ファッション誌『non-no』の読者モデルとして活躍、『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)でも“かわいすぎるカフェ店員”として紹介されるなど、テレビ業界ではかなり注目されていた。
 ハロウィンの「金太郎」の仮装ならぬ、世の男性の「キンタ…」扱いもお手の物というわけか。

関連記事
芸能新着記事