岸明日香 2018年12月20日号

【アニメ・マンガ裏話】性風俗業界を描いたアニメ!?宮崎駿の意図とは?

掲載日時 2018年09月20日 12時00分 [エンタメ]

 大ヒットした『君の名は。』にも負けず、いまだ日本映画の歴代興行収入第1位を守り続けている『千と千尋の神隠し』。

 この物語の舞台は銭湯である。主人公はそこで“湯女(ゆな)”として働くことになるのだが、実はこの湯女は、売春婦のことを示しているようなのだ。登場する銭湯が赤い照明で染まっているのも、売春宿であることを印象づけるため。つまり、この物語は“少女が売春宿で働かされる話”なのである。

 これに関しては作者の宮崎駿本人も、「日本社会を描くには風俗業界がふさわしいと思った」と認めているが、それと同時に「この映画は10歳前後の女の子に向けたもの」とも話している。ちょっと、どうなの、それ。


エンタメ新着記事

» もっと見る

【アニメ・マンガ裏話】性風俗業界を描いたアニメ!?宮崎駿の意図とは?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP